通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最近、いっきに暑くなってきましたね。
毎日毎日、なんで、こうも暑いのか・・・
鉄板の上で焼かれなくても、嫌になります。

さて、先日、いつものように車で出勤をしました。
車の中は、私が王様です(妻が乗らないときに限る)
クーラーは、いつもよりも強めにかけました。
いやー、文明の利器万歳!!
やっぱり、夏はクーラーですよね。
扇風機とは一味違ったこの心地よさ。
体には悪いのかも知れないけれど、一度知ったら、もうクーラーの無い世界には戻れなですね。
ある意味、芸能界を知ってしまったために、普通の女の子に戻れなかったキャンディーズぐらい、クーラーのない世界には戻れません。
そんな、魅惑の世界を堪能しながら、いつものように鼻歌でフンフン会社に向かいます。
川の側道を走っていると、なにやら不思議な物体が・・・
道の真ん中に、でっかい石というか、岩というか、そんなような物が落ちてるんですよ。
そんな、ものに乗り上げたら大変だなぁと思いつつ、徐行・・・
ん?
はぁ?


亀!?


なんと、亀が道を横断しているわけですよ。
まーねー、カルガモとかなら横断するまで待っていようかっていう気にもなるんですが、相手は亀です。
さて、どうするか・・・
鶴は千年、亀は万年。縁起物か・・・しかも、でかいしな(30cm以上はあると思われる)
ここで、万が一、轢いちゃったら縁起が悪いし、しかも、呪われるかもしれないな。
とりあえず、待ってみるか。

・・・
・・・
・・・

遅い!!
所詮は、亀なんですよ。朝のくそ忙しい時に、なにをやってるんだってぐらい遅いんですよ。
こっちは、遅刻するかどうかって時なんですよ。
あーーー、イライラする。
それでも、相手は縁起物。おいそれとはいきません。
もうちょっと早く歩けないものかな。
しかたが無い、本意ではないけど、クラクションでも鳴らして煽ってみるか。
軽く、クラクションを鳴らします。

「ピッ」

亀、手足を引っ込める。

orz

完全に作戦は失敗です。
というか、やる前に判れと・・・

あっ、所詮亀か・・・
車から降りて、亀を抱えて反対側まで運びました。
もっと早く気付けよ!!
[PR]
by ormoa | 2005-07-20 08:40 | 日常ネタ