通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ありがとうございます。

ようやく、ぐっすり寝られるようになりました。

以下、判る人には判りますが、判らない人にはまったくわからない話で恐縮です。





いやー、ぽんすさんでしたか、ぽんずだとやっぱりあれですよね、情緒が無いですよね。
「ぽん」という軽い響きの次に抜けるような「す」やはりこれでないと!!

漫画関連は↓にも書きましたが…



これに補足。

安永航一郎は大好きなんですよね。
ですが、俺をギャグ漫画好きにしたのは、腕立てバカ一代ではなく、マカロニほうれん荘でした。ここでお詫びと訂正を。
マカロニほうれん荘は好きだったんですが、ガキ刑事はあまり見ませんでした。
なんとなく下品で。そういう意味では、東大一直線も見てなかったな。
上手く言えないんですが、何となく趣味ではなかった感じ。
さて、ギャグ漫画の法則として、最初におもしろい漫画ほど後半グダグダになっていきます。
炎の転校生とか、県立地球防衛軍とか、魁クロマティ高校とか…
その為、炎の転校生・県立地球防衛軍・魁クロマティ高校は1巻は最高です。
多分ギャグとストーリー性を合わせるのは難しいんでしょうね。キン肉マンも途中からシリアスな展開になってしまいましたし。
ちなみに、最近のギャグ漫画は歳が歳なもので、最近の笑いについていけなく、あまり読んでいません。
そう考えると、マカロニほうれん荘は、すごいと今でも思います。
今読んで、どう感じるかは判りませんが、あの当時は何処を読んでも死ぬほど笑えました。
で、最初にこの漫画を見てしまったので、他のギャグ漫画のハードルが上がる上がる。
そして次に好きになったギャグ漫画が島本和彦と安永航一郎でした。
安永航一郎の「腕立て一代男」は、題名の通り腕立て伏せが題材となっているんですが、大体腕立て伏せで決闘できるかって感じの漫画ですが、結末まですごかった。
子供心に、「勝ったものが正義」と植えつけるには十分でした(笑)
これは、一話完結なので、ギャグ漫画として最初のテンションのまま終わりという素晴らしい作品でした。
県立地球防衛軍も、子供心に「日本をのっとるなら東京とか主要なとこじゃなくて、もう少し地味なとこから攻めればいけるんじゃね?」と思っていた事を形にした素晴らしい漫画でした。
途中から、正月仮面とか、正月仮面とか、正月仮面とか、盆と正月が一緒に来た仮面とか出てきたのですが、さすがに毎回毎回こんなインパクトのある怪人が出てくるはずもなく、するっと終わってしまいました。
炎の転校生も、物凄い面白い回と、ダレる回とがぐるぐる来る感じでした。でも、最初の鳥砂羽高校編は秀逸でした、なんといっても、伊吹三郎と俺の趣味が一緒(笑)
そして、弱肉学園編も面白かった。
漫画なんだけど、ところどころヤケにリアルっぽさがあって、確かにリアルでこんなこと言ってたら、こういう風になるよなぁ的な所が最高でした。
同時期に連載していた風の戦士ダンも、それはそれで面白かった。
と熱く語ったところで冷静になって、以下略…(笑)
[PR]
by ormoa | 2013-08-22 18:07 | 日常ネタ