通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

格好なんて気にしない。

男は、中身が勝負とはよく言われますが・・・
そんなことはございません。
やっぱり男も、基本は外見で勝負です。




というかね、外見が汚い人で中身が良い人は、私が生きてきた中ではいません。
まぁ、当たり前っちゃー当たり前なんですが、中身がいい人が、外見を気にしないはずが無いんですよ。
中身がよければ、つーか普通の人は、
外見が汚い→見ている人に不快感を与える→なるべく人に不快感は与えたくは無い→少なくとも汚くはしない。
という論理が働くと思うんですけどね。
中身が良い人ほど、外見にはこだわるんです。
まぁ、最低限のマナーですよ。

妻「とりは、あまり格好なんて気にしないよね」
俺「いや、そんなことはないよ」
妻「なんでよ、よれよれのTシャツとか着ていくでしょ(怒」
俺「いや、それは、上にシャツとかを着るからであって・・・しかも、会社だと作業服にすぐ着替えるじゃない」
妻「まぁ、いいや、気にしない、気にしないっと」

まったく、人の言葉が通じないようです。

妻「じゃー、いいよね」


でたぁ

いきなりの賛同攻撃!!
大体、このセリフが出てきたときには、ろくなもんじゃない・・・。
ここでなにも聞かずに、『いいよ』なんて答えたものなら、ナニがどうなるか判らないままに賛成したことになる・・・。

俺「ナニが?」
妻「気にしない、気にしないっと♪」

こちらのセリフは一切無視です。
既成事実のように、私は『いいよ』と答えたことになっています。
まぁ、多分、寒くなってきたから、俺用の洋服でも買ってきてくれたんでしょう。
俺が言うのもなんなんですが、服のセンスはきっと、俺よりも上のはず。
きっと、俺の趣味とはちょっと違う服とかを買ってきたと思うのですが、俺の趣味と違うだけで、そんなに変なものは買ってこないはず。
ほんとね、色々と冬服とかまで考えてもらって、愛されてんじゃん、俺(照)って感じですよ。

と、そこへ、妻が登場。
手に持っているのは、










ぷーさんの袋

しかも、ティガー・イーヨ・ピグレット他フルキャストが、丘でチョウチョを取っている、とってもファンシーな袋・・・。
飲んでいた紅茶を噴きそうになりましたよ。

俺「まさかと思うけど、それなに?」
妻「ぷーさんの袋」
俺「いやいや、そーじゃなくて。それは見れば判る。で、それどうするの?まさか、とは思うんだけど、会社に持っていく袋じゃないよね」
妻「作業着入れるのに、いいと思って♪」
俺「そんなの、持っていけるわけねーだろ」
妻「なんでよー。無印の透明袋なんかよりも全然いいじゃない。格好なんか気にしないくせに」
俺「いやいや、限度があるから。俺、一応管理職だし・・・」
妻「そんな、誰も見てないって、自意識過剰!!」

一蹴です。
結局次の日の朝、ぷーさんの袋を持って出社することに・・・

さすがに、ぷーさんの袋を持っているのを見つかるのは恥ずかしすぎます。
車を降りて、周りを見渡し、誰もいないことを確認すると、ササッとロッカーに・・・
まるで、泥棒のようですよ。
『よし、誰も見てないな。助かった』
何事も無かったように、仕事をして、帰りました。

家にて

妻「ぷーさんの持ってったの」

またまた、おかしなことを言う・・・
作業着をぷーさんの袋に入れたのはあなたでしょうが!!

俺「もってったよ、もちろん、というか、用意されてたじゃん」
妻「ふーん、持ってったんだ(ニヤリ)で、何も無かったでしょ」
俺「もちろん、何も無かったよ」
妻「ほら、大丈夫だったじゃない」

それは、俺が努力したから大丈夫だったわけで・・・
だからと言って、それが大丈夫につながるかどうかは、まだまだ疑問なわけで・・・
あー、頭の中が、純くんに(笑)

我が家では、作業着を入れる袋にぷーさん袋が公認とされました・・・orz
[PR]
by ormoa | 2005-11-11 18:20 | 妻ネタ