通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

帰ってきた、秋葉原にて・・・

お前は、宇宙戦艦ヤマトか?とか
あるいは、ロッキーか? とか
はたまた、ジェイソンか? とか
いやいや、車田正美でしょ? とか
そんなことは、ちっとも言われていないんですが、果たして今回で終わるのか!!
さまざまな楽しみを含みながら、ブログは続きます。




密かに題名は『秋葉原にてFINAL』とかにしたかったんですが、そうすると3夜連続でやらなきゃいけないんで・・・
さすがに後3話は出来ない・・・かな、多分(笑)
いやいや、今回でケリをつけますよ。
というか、4話も続けておいて、メインは1話だけですか?とか、そんなこと言っていたらいけません。
世の中には、不思議なことがいっぱいあるんです。
そう、世の中はすべてマジックなんです。
ということで、前回までのあらすじ。
さまざまな難敵を撃退しつつ、ついに見つけたメイドさん。
これが可愛いこと、可愛いこと。
そして、メイドさんについていく男共。
果たしてメイドさんの命は!!、男共の運命は!!
そして、雑居ビルの前に残された『とり』は!!
って、あらすじというか次回予告のようになりましたが、サクサク続きます。

雑居ビルの前で呆然と立ち尽くす俺。
そして、エレベーターで昇っていくメイドさん。
それにつられてエレベータに乗るネズミ達・・・
いやいや、ほんとハメルーンの笛吹です。
コスプレには興味が無いので、更にメイド喫茶を探す旅を続けます。
はぁ、それにしても腹が減ったな。
腹が減ったら、戦は出来ないな。
ちょうど良いところにラーメン屋が!!
なになに、ワンタンメンがお勧めだとっ
よし、ここはお勧めを頼むか690円だし、そんなに高くはないし、OKでしょ。
ということで、ワンタンメンを1つ。
後から来た客が、ラーメン。
その後から来た客が、ラーメン・・・
またまた、その後から来た客が、ラーメン・・・
なぜ、どうしてみんなラーメンを頼むの?
と、不思議に思って値段をみたら、ラーメン490円・ワンタンメン690円。
ここで、ワンタンメン登場。
出てきたワンタンメンをみて、ワンタンを数えたら4つ・・・
ワンタン1個50円?
そりゃー、ラーメン頼むよな。
そりゃー、ワンタンメンお勧めするよな。
しかも、普通のワンタンだしなぁ。
あっ、ワンタンが一個出てきた。5個だ。
それでも1個40円か。王将の餃子は180円だぞ。
まぁ、これも社会勉強だ、次にきたらラーメン頼もう。
そう思いながら、ワンタンメンを完食。お金を払ってラーメン屋をでます。
ありがとうワンタンメン。そして、高かったよワンタンメン。
このワンタンメンを無駄にしたいためにも、決意を新たにがんばるよ。

・・・





いやいや、まだまだ、今回は行きますよ(笑)
ラーメン屋を出て、ちょっと歩くと



12月オープン、メイドさんが云々

えっ、マジで!!
こんなに簡単にメイド喫茶が見つかっていいの?
しかも、出来たの最近じゃん。
でも、腹いっぱいになっちゃったなぁ。
もういいっかなぁ、冷静に考えると恥ずかしいしなぁ。
もう30超えてるしなぁ。
と、とことん弱気な俺・・・
そして、自問自答タイム開始
どうするんだ、ここで帰ってネタになるのか?
とりあえず、秋葉原での出来事をネタにしとけば十分じゃないか?
いやいや、そんなことをしたら、1億数千万人の読者が・・・
ネタをとるか、人間としての誇りをとるか、
ファイナルアンサー!!






読「えっ、もしかして、また続くんですか?」
俺「はい、続きます」
読「なんか、開き直ってないですか?」
俺「いえいえ、そんな、開き直るとかそんなことはないですよ」
読「そんな態度が、開き直っているというんですよ」
俺「すいません、すいません」
読「ちょっと、あんたじゃ話にならないから、偉い人呼んでくれる」
俺「あいにく、偉い人は実家の方に帰ってまして・・・」
読「これで、オチとか無かったら、奥さんにばらすよ」
俺「えっ」
読「ばらすって言ってるんだよ」
俺「どうか、それだけは勘弁してください。俺がバラされちゃいます」

みなさん、どうか早まらないでください。
今回でケリをつけるとかどうとかありましたが、そんな昔のことを思い出したらいけません。
目は、なぜ前についているか。
そう、前を見るためについているんです。
後ろを振り返ったらいけません。
次はどんな題名にするんですかとか、
そんな予想をしてもいけません。
なんか、本編よりも、あらすじと言い訳の方が長いような気がするんですけど・・・とか
そんな、つまらないことを言ってはいけません。これは、車田正美の漫画だと思っていただければいいんです。
そう、パンチを一発出すのに、一週間かかる漫画と同じなんです。
なんと言うか、






ぐだぐだ言ってねーで、

お前ら東大に行けぇ


ですよ。
すっかり脳内ドラゴン桜です(笑)
[PR]
by ormoa | 2006-01-17 08:27 | 日常ネタ