通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

車購入、第二ラウンド

前回、ディラー巡りをして、ほぼ購入する車種は3種類にしぼりました。

で、とりあえず妻と話をしまして…




俺「さて、どうしよう」
妻「セレナも良かったけど、ちょっと大きいかなぁ」
俺「それは確かにあるなぁ。でも、いいんだよねー」
妻「確かに、中が広くて豪華だよね。でも大きい」
俺「そーですか…」
妻「で、やっぱり真ん中が歩けるほうが、何かと便利な気がする。トヨタの人が『運転中に歩くと危ないから、あえてウォークスルーにしてない』って言ってたけど、そもそも、運転中に歩くなんて事しないし。」
俺「まぁ、そーだなぁ。というか、その希望を聞くと、プレマシーしかないんですが…」
妻「そーゆーことになるかな」

有無を言わさず車種決定。
後は値引き交渉です。
正直言って、色々と交渉するのは好きではないので、さっぱりすっきりが基本です。
なので…

即決できる金額が出てくれば、その場で契約しますよ作戦

をしてみました。
では、スタート!!

俺「今回はある程度決めてきたので、それなりの値段を出してください。もちろん、即決!!っていう値段を出してくれたら、この場で契約してもいいです」
営「わかりました。今日は常務も来店しているので、話が早いと思います。色とかも決まっていますか?」
俺「いや、色とかは、書類を出したときに決めても良いでしょう?。とりあえず装備とかは決まってるんで、よろしく。」
営「わかりました。」

営業さんが店内で計算しているみたいです。
まぁ、もちろん一発で契約できるっというような金額が出てくるとは思ってはいないので、そこからの攻防になるかと思います。
さて、どうなることか…

営「こんな金額で、どうでしょう」

普通の数字が出てきました。
常務、力がないなぁ。
まぁ、もちろん、利益優先だと思うので、びっくりするような金額は出てこないとは思っていたんですが、あまりに普通で、逆にびっくりしました。
と言うことで、

即決できる金額が出てくれば、その場で契約しますよ作戦

は、あまり効果が無いことがわかりました。
やっぱり、じっくりと腰を落ち着けて交渉したほうがいいのかなぁ。
でも、妻も妊娠中だから、そんなに出歩けないしなぁ。
金額的にも普通の値引き(本で出ている目標値引に若干足りないような金額)が出ているので、ここで交渉するかなぁ。

俺「これじゃ即決できる金額じゃないですよ。まぁ、ちょっと考えようかなぁという値段ではありますが…」
営「えぇ、そうですか? 結構がんばったんですが…」

よっ、演技派っ

俺「まぁ、試乗していなかったんで、とりあえず、試乗させてもらえますか?」
営「はい、判りました。すぐ用意します。」

試乗しながら、これからの作戦を考えることに…
つーか、プレマシー運転し易い!!
エンジンも静かだし、かなり好印象でした。
いやいや、良いできですよ、この車。まぁ、一回乗っただけだから、さすがにそれでどうするとは言えませんが、それでもかなりいい感じです。
とは言っても、峠を攻めたりとかは出来ないと思いますが…というか、さすがに試乗車で攻めさせてはくれないわな(笑)
街中だけの運転なので、燃費(あまり良くないらしいが、現在と同じぐらいかな)とかは判りませんが…
さて、ここで値引きの前振り作戦

俺「いやー、前に乗ったアイシスよりもエンジンが静かですねぇ」
営「えぇ、アイシスを乗ったお客様がこれに乗ると、結構言われるんですよ」
俺「そうなんですか、運転もし易いですし。いやー、マツダ車は初めてなんですが、いい車ですね」
営「ありがとうございます」

ちなみに、アイシスに試乗したことは無いのでハッタリです(笑)
アイシスも考えているんだよーをさりげなくアピール。
で、プレマシーを褒めることで、値段がよければ、本当に決めますよっていう作戦です。
でも、本当にかなりいい車だと感じました。
妻も、子供を抱えて乗り降りするのにラクな高さだと言っていました。
更にポイントアップです。
さて、帰ってきてから再交渉です。

俺「いやー、いい車でしたね。」
営「そうですか、で、決めていただけませんか?」
俺「うーん、正直言うと、アイシスでも同じような値段ですしねぇ。逆にオプションとか入れるとあっちの方が安いぐらいなんですよ」

はい、もちろんハッタリです。

営「そうですか…、ちょっと待っててください」

そういうと、店長を呼んできました。

店「どうですか? 決めていただけませんか?」
俺「うーん、確かにいい値段だと思うんですが、即決するにはちょっとと言う値段なんですよね」
営「なんでも、アイシスも考えていられるみたいなんですよ」
俺「えぇ、今乗っている車がトヨタ車ですし、なじみの営業さんもいるので、同じようなオプションをつけると、マツダよりも若干良い値段なんですよね。限定車も出てますし」
店「そうですか… では、いくらなら即決していただけますか?金額をおっしゃっていただければ、無理な値段だったらは、無理と言いますし、出来そうならば言いますし。」

おー、店長、男だねぇ。ずいぶんストレートに来ましたね。
こう言ってもらえたら、逆に気持ちが良いですよ。


だがしかし、ここで金額を出したら脅迫罪になるので、あくまで誠意を…

俺「にぃちゃん、俺もガキの使いじゃないんだからさぁ。これがあんたの所の誠意かよ」
店「そうは言われましても…うちのところじゃこれで、精一杯なんですよ」
俺「よし、判った。出るとこでようじゃないか。」
店「ちょっ、ちょっと待ってください」
俺「あぁん、なんだよ、何か問題でもあるのか?」
店「いえ、決してそのようなことは…」
俺「だったら、いいだろ。何も問題が無いんだろ?あぁん」
店「申し訳ありません、少々お待ちください。上と掛け合ってきます」


という、太字の会話は妄想です(笑)

実際は…

俺「いえいえ、金額とかじゃないんですよ。要は、気持ちよく車を購入したいんです。確かに今の値段はいい値段だとは思いますよ。購入を考えるには値すると思うんです。ただ、ここで即決するようなびっくりするような値段じゃないなぁと。更に言うならば、普通の値段だと思うんですよね。」
店「そうですか…」
俺「えぇ、他の店とかも周りたいですしね。」
店「わかりました、ここからこれだけ引かせていただきます。どうでしょうか?」

さて、それでようやく雑誌の目標設定値ぐらいに下がりました。
まぁ、ですが、最初に出てきた金額の端数を引いた値段なので、多分ここまではやってくれるだろうなぁという、想定の範囲内です。
ですが、正直満足できる値段です。
確かにがんばってくれているんだと思います。
が、『よっしゃ、今日、ハンコを押すよっ』値段じゃないんですよねぇ。
サプライズが無いんです。

俺「うーん、これでもちょっと予算には足りないんですよ。実際、後席のDVDを取り付けると(電機店で購入予定)足がでるんですよねー。」
店「そうですか、これでも決済が降りるかどうかわからないような数字なんですよ。今日は私よりも上の者が来ているので、話はしやすいので特別な価格なんですが…」
俺「うーん、でもねぇ。妻がDVDを取り付けたがっているからねぇ。今日の所は妻と相談してみますよ。この値段で、明日でも大丈夫でしょ?」
店「明日ですか…一応、今日!!という形で、この値段を出させていただいているんですが。」
俺「一日ぐらい待てるでしょ、明日こっちに来て契約してもいいですよ。もちろん、お金もその時支払っても良いですよ(この辺はハッタリ(笑))」

えぇ、ここをお読みの方なら判ると思いますが、私がすぐに右から左に動かせる金なんてありませんから(笑)
更に、車の金額を、すぐにポンと現金で買えるほど裕福でもないし・・・(笑)
とりあえず、この辺はすべてハッタリです。
契約すると決めても、とりあえず頭を冷やす為に一度家に帰って冷静に判断しなくては…
もちろん、他の狙いもありますが…

店「わかりました。そこまで言われるんでしたら、明日まで待ちます」
俺「所で、パーツとかのカタログってあります?前に貰った時に入ってなかったと思うんだけど。」
営「すいません、ただいま切らしておりまして…」
店「自分の持ってないの?あったら、お貸しすればいいじゃない」
営「わかりました」
俺「ありがとうございます。考えさせてもらいますよ。お返事も明日させていただきます。」

おぉ、店長、話が早いねぇ。かなり好印象です。
と言うことで、ここで交渉は終了することに。
金額的には、十分満足できる値段なので、金額面の交渉はここで終了ですね。
後は、カタログも貰ったことですし、なんのパーツを付けてもらおうかなぁ(笑)

その夜…
多分金額的には予算内ですし、営業さんも好印象でした。
不満は何もなし…
妻にも、『これで十分でしょ』と相談して購入を決定。
いやー、本当にがんばってくれたと思います。
多分粘れば、もう少しいける感じはするんですけどね。
交渉時に本当にこれ以上まずいというときは、金額提示は紙ではしませんから(笑)
前に、何件か競合させて、雑誌の目標値引金額というか、その中で『ここまで引かせました』の報告よりも、かなり引いてもらったことがありましたが…
その時は、父の車だったので、別に駄目ならいいかの勢いだったので、強気だったんですけどね(笑)
でも、お勧めはしませんけど…

ただ、ここまでするのにはかなりの労力がいるので、今回はパス…
おそらく、それでも今の提示金額からウン万は引くことは出来ないと思いますので…
だがしかし、金額を下げることが出来ないならば、オプションをつけてもらいましょう作戦です(笑)
家に帰って、すぐにマツダに電話…。
すぐにと言うのは、買う気満々ですよって言うのをアピールです。

俺「あの後、オプションカタログを見たんですが、ETCをつけてなかったんですよねー」
営「あ、すいません」

いえいえ、別に謝ってもらわなくても…(笑)

俺「出来たらつけたいんですけど…なんとかならないですか?。もちろん、明日契約に行きますが…」
営「大丈夫です、付けさせて…店長と相談してきます」

結構無茶な注文だと思ったんですが、大丈夫ですと言っていたので、多分大丈夫でしょう(笑)
と言うか、逆にこれだけ回答が早いと、まだまだ値引きできたのかと勘ぐってしまいますが、俺的に値段には十分満足していましたし、ETCでお得感がでたので、満足度大です。

営「はい、大丈夫でした。」
俺「そうですか、ありがとうございます。でしたら、明日伺いますので。」
営「決めていただけるんですか?」
俺「えぇ、よろしくお願いいたします」

と、言うことで契約しました。
交渉から契約までの期間が、1週間ちょっとの短期決戦でした。

車を購入するのに大事なのは、自分が納得できる値段かどうかと言うことが一番かなぁ。
この車で、この装備で、この値段!!
それが自分の思っていた値段だとしたら買うべしと思うわけです。
違っていたら、たとえ値引きが100万円あったとしても買うべきではないかなぁと。
値段が大きいものこそ、自分の価値観がかなり左右すると思います。
あとは、勢いか(笑)
[PR]
by ormoa | 2006-02-27 08:47 | 日常ネタ