通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

雨男?

なんと言うか、自分自身で雨男だと認識しました…。





ですが、イベント事とかは、晴れが多いんです、信じてください。
まぁ、晴れ男とは言い難いんですが…
ちなみに、生まれた日が記録的な大雪の日でした。
さらに言うならば、高校・大学受験で受かった高校・大学の試験日は、大雪で交通麻痺状態でした。
こう見ると、人生の岐路と呼ばれるものには必ず雪が関わっています。それも大雪…。
確か、うちの会社に初めて行った時も雪が降っていなかっただろうか…。
このため、ラッキーアイテムは『雪』だと思っています。
ちなみに、妻の名前は「ユキ」ではありません…
さて、ラッキーアイテムが雪なもので、活躍できる場所が、冬限定な訳です。
更に、更に重ねて言うならば、今住んでいる場所も、今まで住んでいた場所も、雪がほとんど降らない場所だったもので、ラッキーな日は、年に数回…。

えっ?
雪山に行け? ですか?
スノボかスキーしろ!! ですか?

そんな危険な…
俺が大学時代には、『わたしをスキーに連れてって』が流行していた時期(年齢が…)だったので、スキー全盛だったんですよ。
そのため、やはりロマンスを求めてスキー場へ行くわけです。
大学生です。ロマンスです。スキーウェアーは3割増です。頭の中では『ユーミン』です。

中央フリーウェイ

右に見える競馬場

左はビール工場











そして前にはテールランプだらけ…

なんと言うのか、渋滞です…
はい、記録的な豪雪です。
宿の予約を取っているので、中止にできません。
これだったら、

京葉フリーウェイ

右に見えるディズニーランド











左はららぽーと

を見たほうがなんぼかマシです。(さて、これが判る人は何人いるだろうか…)

スキー場についたらついたで、前が見えないんですよ。
スキー場で遭難しそうでしたもん。
髪の毛にはツララ…折ったら髪の毛がなくなる状態の寒さ。
『わたしをスキーに連れてって』どころか、









わたしを無事に帰して

と叫びたかった。
というか、映画で言うなら、『八甲田山』ですよ。
眠るなぁ、眠ったら、死ぬぞーの世界です。
これが、第一回スキー…

第二回スキーは、翌年でした。
この年は、暖冬といいましょうか雪がさっぱり降らない年でした。
ですが、スキーの予約を取っていたので、行きました。
まぁ、でも、全面で滑走不可ということではなかったんですけどね。
もちろん、頭の中はロマンス満載ですよ。
ゴンドラに乗って、山頂へ!!(もちろん滑るのは、迂回ルートですが)












猛吹雪…

いやね、この時ばかりは死ぬかと思いました。
下でもパラパラ降っていたんですが、山頂は酷いことに…
去年の二の舞です。
今年は暖冬じゃなかったのかよ!! の言葉も虚しく八甲田山の世界。
えぇ、ちなみに、この日はまたまた記録的豪雪となりました…。
昼には、切り上げて帰ったのですが、もう、死ぬほど渋滞…

そして、リベンジの3回目…
もちろん、例にたがわず記録的豪雪です。
このときに悟りました。
雪山は、駄目だと。
大体ねぇ、スキーして思い出が、

渋滞

豪雪

カレーが高い!!

ですからね。
俺にスキーは無理だと思いました。それ以来スキーには行っていません。
だからボーゲンも出来ません(泣)
ということで、俺にスキーは危険だということがお分かりいただけたでしょうか。

ずいぶん長い前振りだったなぁ…
というか、本題の方が面白くない気がしたので、このままボツで…(笑)
[PR]
by ormoa | 2006-04-13 10:55 | 日常ネタ