通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

流れ星を見つけたら…

「第6回トラバでボケましょうお題。」
またまた懲りもせず、参加してみました。


……………………………………………
【トラバでぼけましょう2006 第6回お題】 

『 目の前に流れ星が差し出されました。さて。 』
……………………………………………





「はい」

彼女が差し出したのは、流れ星だった。

「いや、そんなもん出されても…」

まったくもって素直な感想である。
目の前に流れ星を差し出されて、一体どうしろというんだ?

「まったく… そんなことだから夢のない人間だといわれるんだよ」

おいおい、そいつはちょっと心外だぞ。
少年のような心をもっているとよくいわれるこの俺が、夢の無い人間だと?
更にもっと言うならば、俺は今、自分の描いた夢の通りに生きているんだぞ。

「おいおい、俺の何処が夢のない人間なんだ?」
「悔しかったら、子供のころの夢を話してみなよ」

上等だ。
聞いて驚け。
これが、俺の子供の頃から(幼稚園時代)からの夢だ。

「サラリーマンになることだ」
「ほら、夢なんか無いじゃない」
「いやいや、何をおかしな事をいっているんだ。立派なサラリーマンになることはナカナカできることじゃないぞ」
「はぁ…」
「それにだな、俺の場合は、サラリーマンになるために、小学校の頃から人生設計をしてたんだ。まず、小・中は無事に卒業して、高校へ入学。多分大学には現役で合格できないから、1浪して私立の大学へ。この辺は妥当だな。でもって、大学を卒業して無事にサラリーマンに。結婚は20代にして、30歳で離婚。まぁ、正確の不一致とかそんな理由だな。でもって30代で、また再婚をするわけだ。その間会社は、まぁ、多分そんなに有能ってほどじゃないけど、年功序列でそこそこまで上がるわけだな。まぁ、定年前に課長ぐらいかな。でもって、定年してから、ゲートボールクラブに入って、ヒーローになるわけよ。そのために、今からゲートボールの練習をしている」

我ながら、見事な人生プランだ。
そして、今のところこの人生設計に狂いはない。
そう、言うなれば俺は今、夢の中を歩いているのだ。

「つまり、ゲートボールクラブのヒーローになるのが夢と…」

おいおい、俺の壮大なプランを聞いていなかったのか?
もう少し詳しく話してやって方がいいのか?

「いやいや、それは最後であって…
「だーかーらー、最終的にはそれなんでしょ?」

人がしゃべってるのに、言葉をかぶせるなよーーー

「いやいや、それは…
だーかーらー、最後はゲートボールなんでしょ

・・・

「はい…」
「だったら、そういえばいいじゃない。」
「いやいや、壮大なプランがあってこそのゲートボールなんだが…」
「何が壮大よ。まったく…」

あれ、なんか呆れられてますか?
いやまて、大体この話は、何から…

「そーそー、大体なんで流れ星なんて持ってるんだよ」

やばい、やばい、あの流れだったら、確実に俺が不利だ。
そーそー、あれだ、流れ星だ。
大体、なんで流れ星が出てきたのかが謎だった。

「空を見てて、『あっ流れ星!!』と思って手を出したら、取れちゃったんだよね」

いやいや、その話は突っ込みどころが豊富だぞ。

「おいおい、そんな流れ星を見て、手を出すなんて。夢見がちな少女じゃないんだからさぁ。大体、いくつ…
なんか言った!!(怒)
「いえ、別に…」

やばい…
『とし』の話は、ご法度だった。

「でもさぁ、流れ星を見て手を出して取れたなんて… それが本当だとしたら、雑巾もって月を拭けるぞ。『あっ、今日なんか光が弱いなぁ』とか言いながら(笑) そして、そんなことしたら」
だから、なに
「いや、その…」

なんだ、この威圧的な雰囲気は…。
そして、なぜか知らないが、彼女からは禍々しいオーラが出てるぞ。
まずい、これは非常にまずい。

「でもね、ちょっと考えようよ、ね。まぁ、手を出したら流れ星が取れたって言うのを本当だとしよう。流れ星って言うぐらいだから、大空から降ってくるわけだよね。そんな大きなものが手の中に入ったとしたら、ものすごい大怪我するよ。マンションから石投げられて当たったら多分、大怪我するでしょ。それよりも高いとこから飛んで来るんだよ。無事で済むはずが無い。」
で?

禍々しいオーラが、更に禍々しい形に変化したぞ…

「いや、待て待て、ものすごく軽かったと仮定しよう。手を差し出したら、羽のようにものすごい軽い流れ星が手の中に飛び込んできたと。でもな、流れ星が光ってるのは落ちてくる途中で、大気との摩擦によって物体が熱を帯びて、それが光っているように見えるんだぞ。ものすごい高温なんだぞ。スペースシャトルでタイルが1枚剥がれただけで、大騒ぎするぐらいの熱なんだぞ。」
だ・か・ら?
「いや、すまん」

ふぅ…、死ぬところだった。
大体、なんで疑問に思ったことを問いただしただけで、死ぬ思いをしなくてはいけないんだ。
しかも、あいつは『だから?』とか、『なに?』とか『で?』とかしか言ってねーぞ。
恐るべし疑問返し…

「手のひらに流れ星があるんだったら、やることは決まってるでしょ」

えっ、マジっすか。
あれをするんですか?





星を見つけたその日には

二人だけのクリスマスパーティ




■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なんて綺麗なまとめ方だ。
しかし、こっぱずかしい事をすると、全身がむず痒いな。
慣れないことは、しないほうがいいな…
















「ばっかじゃないの?」
「へ?」
「まずね、クリスマスは何の日よ」
「えっと…キリストの誕生日かな…」
「いっくら、ダ・ヴィンチコードが流行ってても、6月にクリスマスはないでしょうよ。それともなに? ダ・ヴィンチコードみたく、実はキリストの誕生日が6月だったとか言うの?」
「いや、さすがにそんなことは…」
「大体、なんで男って言うのはそーゆー、夢見がちというか、中途半端にロマンチストというか…」

えっと、もしもし、なんかちょっと前に、夢がない男とかなんとか言ってませんでしたっけ…

「まだね、七夕ならばわかるわよ、七夕ならば!! 6月ではないけれど、微妙に近いから。でもね、クリスマスはないでしょう」
「えっと… すいません…」
「まったく、手のひらに流れ星があったら、アレでしょ、アレ」

えっ、まさかとは思うけど、そんなベタなオチですか?

「まさかとは思うけど…、願い事を言うとか…」
「はぁ…」(大きくため息)

こりゃまた、大きなため息をつかれちゃいましたよ。
ちょっと思っただけじゃないか。

「まったく、夢見がちな男って言うのは、お気楽でいいわね」

おいおい、そこまで言うかっ。
優しい俺でも、ここまで言われたら怒りますよ。
よーし、だったら言ってみろ。

「だったら、何をするんだよ(怒)」














「星を割って中に宇宙人がいるかどうか確かめる」

えっと・・・
あまりの答えに、頭がパニクっているんですが、それは気のせいですか。
俺の答えと、どっちが夢見がちなんだ?
大体、星を割るってなによ。
しかも、宇宙人ってなによ。
あー、あれか、星の王子様か。
確かあれは、流れ星に乗ってたっけな。
ははぁん。
何だかんだいっても、やっぱり夢見がちなわけだ。
白馬の王子様ならぬ、星の王子様か。
まったく、これだから女ってやつぁ

「まったく、どっちが夢見がちなんだよ。流れ星に星の王子様でも乗ってるっていうのか?」









ばぁかじゃないの

そんなに、フォントをでかくして言うなよ…
もしかしたら、そんな夢を見ていたら『ちょっと可愛いなぁ』なんて思っただけじゃないか。

「だったら、宇宙人を見つけたらどうするんだよ」
「宇宙人を見つけたら…」
「宇宙人を見つけたら?」
「東スポに電話しなきゃでしょ」

いやいや、それもおかしいだろ。
何でよりによって東スポなんだよ。
もう少しまともな新聞があるだろーが!!
そして、それよりも重大なことは、前に同じようなネタを言ったことがあるぞ…。

「本当に宇宙人が発見されたんだったら、普通に新聞社に持ち込んだほうが良いんじゃないの?」
「なに言ってんのよ、宇宙人なんて東スポぐらいしか扱ってくれないでしょ。や・お・い・じゅ・ん・い・ちのせいで…」

確かに、矢追純一がでてきてから、宇宙人はものすごく、うそ臭くなったな・・・。
というか、ものすごく矢追純一のことを憎憎しくおもっているのがありありと感じられるんですが…。
あれですか、矢追純一が出てくるまで、宇宙人のことを信じていたクチですか?

「おいおい、でもさ、その宇宙人が良い宇宙人じゃなかったらどうするんだよ。なんとなく、宇宙人って友好的なんじゃないかなぁと思われてるけど、万が一特攻隊長とかだったらどうするんだよ」
「大体そういう宇宙人て、なんか弱点があるはずだから、その弱点を突く」

いやいや、それは、弱点がない宇宙人の映画を作ったら、地球人が全滅するまで攻められ続けるわけで…
最初っから最後まで宇宙人に攻められる映画なんて、売れるわけがないだろーが。


「というかね、宇宙人を発見して、そもそも何をしたいのさ」
「だから、東スポに電話して…」
「なんで、東スポなんだよ。本当の宇宙人だったら大手新聞社でも…って、話が戻るな…。まぁいいやって、おい、なにしてるんだよ」

彼女は流れ星を手に持って、思いっきり地面に叩きつけた…










ハズレ、次回にチャレンジ

流れ星の中から、このように書かれた紙がでてきた。

「ざんねんだったね~。当たりって一体何なんだろうね」

あっさりしてんなー、おい。
さっきまでの、宇宙人騒動はどうなったんだよ。
というか、いいのか、本当にそういう問題なのか。
ざんねんとか、そういうことで終わっていい問題なのか?
まがりなりにも、流れ星でしょ?
そんな簡単に砕いちゃって良いのか?

「おいおい、ちょっと、ちょっと、流れ星を砕いちゃっていいんかよ」
「うるさいなぁ、まったく。やっちゃったんだから仕方ないでしょ。男のくせに細かい!!」
「いやいや、細かいとかそういう問題じゃ…」
「あっ、まだ何か書いてあるよ。」

俺の言うことは無視ですかいっ
いつもこーだ、本当にいつもこーだ。
大体俺が言ったことは、何一つって…おいおい、なに手にしてるんだよ。






「ハズレ券3枚で、ポテトのSがもらえるって」

は????
ポテト???
えっ、なに?
これって、マックのクジだったの?

「まぁ、何というか、世の中には知らないことの方が幸せなことっていっぱいあるってことよ」

確かに…
流れ星を差し出されて、二人でお願いしましょうって事だったら、ものすごい綺麗な話だったのに…。

そして俺は、彼女と仲良くマクドナルドへ入った。
[PR]
トラックバックURL : http://wawonn.exblog.jp/tb/3191140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kozutuming at 2006-06-06 16:47
頑張って、あと2回流れ星をつかまえてください。
(『当たり』が出るとは想定していないコメですんません)
Commented by midnight_egg at 2006-06-06 22:26
(^^
で、今回マックには自腹で。

旦那の人生設計にさりげなく離婚>再婚が組み込まれているところが気に掛かります。
Commented by midnight_egg at 2006-06-06 22:27
それと、これ「日常ネタ」なんですね(^^;。
Commented by Kurt. at 2006-06-07 00:02
↑そこが一番のボケだったりして(笑)

離婚が人生設計にあるって・・・なんか悲しすぎませんか?
Commented by naritto at 2006-06-07 07:15
おお、今回は豪華版ですね。

「中途半端にロマンチスト」
女性に言われるとグサっときますね。

マックが喰いたくなりました。
Commented by ormoa at 2006-06-07 08:28
【こづつみさん
でも、当たってもビッグマックだと思いますが・・・(笑)

【クレマムさん
はい、今回は自腹で(笑)
そーいえば、いつものくせで、日常ネタにしてました(笑)
離婚・再婚の流れは・・・↓で
Commented by ormoa at 2006-06-07 08:44
【カートさん
この人生設計、実は本当に俺が小学校の頃に描いていた人生設計なんです。
確かあの頃、「これからは離婚が一般的に…」とか、そんな話題がいっぱいあったような記憶が・・・で、単純に離婚と再婚を人生設計の中にいれてました。(笑)
現実的な夢はですね、少年野球で培われました。才能がある奴は、本当に凄いっす。
ちなみにゲートボールは、もちろん『おはようゲートボール』の影響です(笑)

【なりっとさん
これでも、かなり削ったんですよ。マックに入ってからとか・・・
落としどころがわからなくなって止めたんですが(笑)
「中途半端にロマンチスト」は、これぞ男って感じで・・・(笑)
Commented by miniusagi52 at 2006-06-07 22:04
妻たるもの、常に現実的でなくては!ですね(笑)

>いつもこーだ、本当にいつもこーだ。

これがものすごくリアル感ありありで…とにかく笑えました!
ここが“居場所”なんですねー♪

Commented by 98765421 at 2006-06-08 13:22
ハズレとはいえ、3つ分の流れ星から出てきたものと等価なんて、
ポテトSがもの凄く貴重なものに思えてきました。
それでマックもポテトSではなくMやLをすすめるんでしょうか。
「マックコード」が発売されれば、「ダ・ヴィンチ・コード」と同じ位、
売れる気がします。
Commented by ho_neko at 2006-06-08 21:37
このストーリーがマックに行き着くとは……
なんか、マクドナルドに一本取られた感じです(笑)
Commented by rei_ayakawa at 2006-06-08 23:32
完璧な人生計画にやられました。
私もゲートボールクラブのヒーロー目指して、今から努力します。
Commented by ormoa at 2006-06-09 08:57
【miniusagi52さん
うーん、居場所…なんだろうか…(笑)

【98765421さん
そーですね、ポテトのSは物凄い貴重なものです(笑)
えぇ、もちろんマニュアル通りに薦めますね。
もちろんスマイルは0円です(笑)

【放浪猫さん
そうなんです、マックは偉大です。
密かに、最近『マック』という言葉に違和感があって、自分で書いておきながら『マクド・マクド』と思っています(笑)

【rei_ayakawaさん
えぇ、やっぱり将来はゲートボールのヒーローになるのは人生の集大成ですね(笑)
Commented by tana_suna at 2006-06-09 23:25
堅実なお人柄なのですねと思ったら、マックって。
昔マックで働いていた時、おもちゃをコンプリートするのに熱心なお客様がいたことを思い出しました。
Commented by as-o2 at 2006-06-10 18:10 x
どんどんスクロールしていって。結局「仲良く」に笑いましたw

>おもちゃをコンプリートするのに熱心なお客様
ときどきいらっしゃいますね、と、応える私は某飲料メーカーw
公正取引委員会から注意を受けたあの会社ではありませんがw
Commented by ormoa at 2006-06-12 18:02
【tana_sunaさん
A型ですから・・・(笑)
ちなみに、ハッピーセットをコンプリートしようとして、マック食いすぎて気持ち悪くなりました。
おもちゃもらって、ハンバーグを他人に上げるという歪んだコレクション…
今では考えられないほどの、ブルジョワ生活でした(笑)

【as-o2 さん
密かに、チョコの卵から、飲料についてるボトルキャップまで、集めまくりました(笑)
捨てるに捨てられないし、あの頃の情熱ってナンだったんだろうと、今更ながら思います…
Commented by R_76 at 2006-06-19 20:44
やけに東スポ好きな彼女だなぁ、と思っていたのですが
彼女の星を割るという発想好きです。

参加、ありがとうございました。
by ormoa | 2006-06-06 12:03 | 日常ネタ | Trackback | Comments(16)