通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

先日蛍を見にいきました。

この季節、毎年近くの川で蛍が見れます。





ここに来て、良かったと思えることのひとつに、近くで蛍か見れるということがあります。
前に住んでたところじゃ、逆立ちしても、蛍なんて見れなかったですからね。
蛍の思い出といえば、子供の頃に原っぱ(記憶があいまい)に連れて行ってもらって、そこに蛍がいっぱい居たんですよ。
今考えても感動的でした。
今では考えられませんが、虫かごに蛍を入れて、家にもって帰ってたんですから。
さすがに、その灯りで勉強はしませんでしたが(笑)

さて、蛍と言えば、

















ほたるーーーーー

いつでも帰ってきて、いいんだよーーーーー


と新巻鮭が有名ですが、あんなに可愛かった蛍ちゃんが、まさかあんなふうになるとは、思いませんでした。
時の流れとは恐ろしいものです。
今みたら、なんとなく、娘とダブらせて大泣きしそうです。
そんなことより、スペシャルになる度に、ありえないような不幸なことが次々起こる家族ってどうよって感じなんですが、まぁ、最後はみんなハッピーエンドになったのでいいか(笑)
そういえば、遠くに小動物がいたら、とりあえず『ルールルー』と言ってみるというのを、日本人に植えつけた本人ですが、本人自ら、
「そんなことで寄ってなんか来ませんよ」
と、言っていたので、寄ってくることはまずないと思います。
中嶋朋子本人と蛍ちゃんのギャップが凄いと、正直思った(笑)

いやいや、そんなことよりも蛍なんですが、家族で見にいったんですが、蛍を見るまではめちゃめちゃテンションが高かった息子が、蛍を見ながら、柵というかロープに捕まった瞬間、係りの人に「危ない!!」とあわてて制止されました。
俺とか、妻とかに注意されるのは良くあるんですが、他の大人に注意されるのって、多分滅多にないので、物凄くびっくりしたみたいで、

俺「ロープに寄りかかったら、怒られちゃうから止めてね。判った?」
息「うん…」
と涙目になっていました。

係「別におこってないよー、危ないから止めてねー」

確かに、怒られてはいないですね。

うーん、こういう場合はどう言って息子に聞かせるた方がいいのか…
息子に何かを止めさせたいときは、『怒られるから』止めて、又は、止めないと『怒るよ』と言うのが簡単だから、すぐにそういう風に口にでるんだなぁと、反省…。
この場合は『ロープに寄りかかると、下に池があって落ちると危ないから、止めてね』と言うのが妥当でしょうか。この『下に池があって落ちると危ないから』という説明をしないで、単純に『怒られるから』としちゃったんですよね。
係りの人には、重ね重ね感謝です。

当の息子はと言うと…













テンション低っ(笑)


俺「蛍見た?」
息「見た、おうち帰ろー」
俺「せっかく来たんだから、もう少し見ようよ」
息「もういいよー、おうち帰ろー」

息子をなだめながらの蛍鑑賞でした。

オチが…
オチが…
オチが…
[PR]
by ormoa | 2006-06-14 08:25 | 日常ネタ