通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

我妻の近況…

最近、妻ネタが無いとお嘆きのあなた…
妻ネタが無いというよりも、










妻ネタが、出来ないというのが正直なところでございます。
現在の妻は心身ともに疲労困憊状態…

先日3ヶ月検診と言うのがあって、保健師さんに相談したみたいなんですが…

妻「上の子供も、下の子供も、大泣きで大騒ぎっていうのってあるんですか?」
保健師「えぇ、えぇ、もちろんありますよ。

















非常に稀ですが

やっぱり稀なのか…orz
俺も休みの日には、子供の面倒を見るのですが、魂を抜かれる思い…
楽しい育児って、本当にあるのか?
楽しめねーよー、楽しめねーよー。
ですが、妻の方がこの問題に関しては、もっと切羽詰った状態なので、妻を見ていると俺がもう少しがんばらなくちゃなぁと思うわけです。
両方が切羽詰った状態だと、浮上するきっかけが無いですからね。



・・・



・・・



・・・



あっ、娘が笑った…



ひなよ、笑って許されると思うなよ!!
ひなが嫌がらないんだけれども、『ふっふっふっ、俺の言うことを聞かないと、このようなことをされてしまうんだぞ。オラオラ、、言うことを聞けぇぇぇ、聞くのだぁぁぁ』という、俺のどす黒い感情を解消させてくれる技を考え、試したのが、












左右振り高い高い

以下、心の声

『おらっ、父のチカラを思い知るがいい!!』

『偉大なる、父にひれ伏すがいい!!』

『クックックッ、どうだぁ、どうだぁぁぁぁ』



















娘、大喜び

『クックックッ、小娘が、何もしらんと喜んどるわっ』

と、すっきりとストレスを解消し、娘を寝かせると

娘「キィキィキィ」
俺「えっ、なに?」
娘「キィキィキィ」
俺「まさか、もう一回か?」

仕方がなく、もう一度左右に振りながら高い高いし、娘を寝かしました。

娘「キィキィキィ」
俺「まさか、もう一回?」

仕方がなく、もう一度左右に振りながら高い高いし、娘を寝かしました。

娘「キィキィキィ」
俺「まさか、もう一回?」

前略…





中略…






後略…



娘「キィキィキィ」










ぐったり…

すいません、もうそろそろ勘弁していただけないでしょうか。

娘『貴様の考えることなぞ、お見通しだ!! バカめ!!』

そんな娘の心の声が聞えるような気がしました…。



ということで、妻ネタは、もうしばらくご提供できないかも知れません…








と、書いたんですが、ふと冷静に考えて、

『よく考えたら、妻の傍若無人な振る舞いに対して、愚痴を語るブログだったんだよなぁ。ということは、ネタが無いのって、幸せなことなのでは?』

と思い直しました。
すると、悪魔が

『だんな、だんな、妻ネタが無いと、アクセス数が減りますぜ』

と、囁きます。
そーなんだよなぁ、このブログって妻ネタでもってるんだよなー。
妻ネタが無いこのブログって、正直言って由美かおるの入浴シーンのない水戸黄門なんだよなー。
そう思っていると天使が

『そんな生き方で本当にいいの?』

と、呟きます。
俺はアクセス数が目当てなのか?
良いのかそれで、俺の生き方は『退かぬ!媚びぬ!省みぬ!』だったはず!!

悪魔よ!!
お前の意見は聞かん!!
そして、俺は















天使を投げ捨て


妻ネタは無いことが予想されるけど、見捨てないでー(千切れんばかりに尻尾を振りながら…)
と叫び続けた。
[PR]
by ormoa | 2006-09-01 08:58 | 日常ネタ