通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

怒涛の攻め

本日は、ファンニステルローイ並の怒涛の攻めをご覧ください。






今日は、りょーへーくん(仮)にお土産を買ってくるって約束したなぁ。
帰りにドーナッツでも買っていくか!!
ということで、ドーナッツ屋さんへ…

妻の分を買っていかないと、多分怒られるし、かといって勝手に買っていってもなぁ。
とりあえず電話しておくか…

俺「いま、ドーナッツ屋さんにいるんだけど、なに買ってく?」
妻「棒状のねじれてるやつ」
俺「あー、これならあるから、それ買っていくよ」
妻「で、他になにがあるの」
俺「えっと、フレンチクルーラーとか、オールドファッションとか、以下略」

とりあえず、目に見えるだけの名前を言ってみたところ…

妻「棒状のやつでいいや」

いや、だから、それは最初にあるって言ったじゃないですか…

俺「ん、判った。買ったらすぐに帰るから」
妻「うん、はやくねー」

と、言うことで、ドーナッツを買って家に…

息「おとーさん、おみやげかってきた?」
俺「買ってきたよ」
息「どーなっつかってきた?」
俺「うん、ドーナッツ買ってきたよ、はい」
息「やったー、おかーさん、どーなっつかってきたって」
妻「そーかぁ、よかったねー。ドーナッツ開けてみたら?」

袋を開ける息子。
横から覗き見る妻。
















妻「あっ、自分のも

買ってきたんだ


おいおい、俺は自分の分のドーナッツを買ってきちゃいけなかったのか?
それはあれかい?
俺は二人がドーナッツを食べてるのを、一人でじっと眺めていろというのかい?

俺「さすがに、自分の分は買ってくるでしょ」
妻「ふーん、残念」

いやいや、何が残念なんだか、よくわからねーよ。
息子1個、妻2個、俺0個のドーナッツ配分だったのか?

妻「そうそう、ごはん食べる?」

そうだなぁ、おなかも減ったしなぁ。

俺「うん、食べる」

妻がつかつかと、炊飯ジャーの前に行き、炊飯ジャーを開けると、















妻「あっ、ご飯ないや

意味わかんねーよ、なんで飯が無いのよ。
そして、なんで飯がないのに、ご飯を食べる?と聞けるのよ。
もちろん、唐突に帰ってきたのなら判ります。さらに連絡も無く遅くなったときも判るんです。ですが、今回は、連絡ありのしかも、いつもと同じ時間に帰宅という、なんともご飯を作る人に優しい帰宅です。
今回ばかりは、怒髪天につく勢いで言ってやりましたよ。



















俺「あ、無ければカップ麺でもいいし、食べなくてもいいや・・・」
妻「一応おかずはあるんだけど…」

いや、すまん、なんでおかずはあって飯は無いのだ…
ますます、不可解な出来事になってきました。

俺「だったら、おかずだけでもいいよ」
妻「あっ、チャーハンだったらできるから、チャーハンでいい?」

なぁんだ、チャーハンだったら万々歳ですよ。
チャーハン大好き!!

俺「チャーハン好きだから、もちろんいいよ」

そして、出てくる


























おにぎり1個

いやね、もうね、意味がわからないんですよ。
鶏だって3歩ぐらいは覚えているわけですよ。
今回は、3歩も歩いてないんですよ、チャーハンでいい? いいよ。はい、どうぞ。
のタイミングでおにぎりなわけです。
だったら最初っから聞くなといいたいわけですよ。
別に、おにぎりで悪いわけではないんです。
チャーハンでいい? と聞くなと・・・
ま、もちろん、何事も無かったように食べましたが…
というか、いつものことかと、あきらめて食べましたが・・・

そして、また妻が台所に行くと、おかずを電子レンジで温めようとしてくれているみたいです。
おー、おかずは温めてくれるのか!!
なんてすばらしいことだ。
It’s a beautiful dayだ(笑)

そして、電子レンジにおかずを入れて…
レンジを閉めて…
ボタンを押して…




















妻「もう、いいか

で、レンジを開ける妻。その間、約10秒・・・
せめて、せめて、別名でチンしてとか言われるんだからさぁ、チンと鳴るまで待ちましょうよ。

俺「おいおい、せめてもう少し温めようよ。」






















妻「まったく、年をとったらこまかいんだから…」

いやいや、こまかいとかそういう問題か?
電子レンジを10秒であけたら、誰でもそういわないか?
そして、チンとなってからおかずを持ってきてくれました。

そして、また妻は電子レンジになにやら要れ、チンと鳴って持ってきてくれたのは、茶碗蒸し。
それこそ





















茶碗蒸しがあれば、

文句がないだろ!!


ぐらいの勢いです。

俺「おいおい、なんか茶碗蒸しさえあれば、俺が文句を言わないというような感じじゃないか?

妻「だって、文句ないでしょ」

まぁ、確かにそのとおりなのだが…
もちろん、すべて美味しく頂きました。
そして、妻が一言…



















妻「チャーハン忘れた 食べる?」

もう、そのお気持ちだけで結構です…
[PR]
by ormoa | 2006-11-13 08:43 | 妻ネタ