通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

すごいよ、歌舞伎町

お仕立券付ワイシャツ型新入社員のとりです。





財団法人社会経済生産性本部「職業のありかた研究会」事務局の人が今年の新入社員のタイプをデイトレーダー型と名づけたみたいですが、価格が高く仕立てに時間がかかり、生地によっては困難なお仕立券付ワイシャツ型新入社員の俺としましては、まったくその通りだと言うほかありません(笑)
というか、年に一回、イベントのように発表するんですが、血液型みたくせめて新入社員の形を4種類ぐらいにしないと、あまり受け入れられませんよと(笑)
まぁ、すべての新入社員をひとつの型でくくるというこの強引な手法は、さすが財団法人という感じはしなくは無いですが(笑)

さて、歌舞伎町というとどーも、怪しげな風俗の街という感じがしないでもないんですが、風俗は風俗でも、いまやホストクラブの街みたくなってました。
さすが、女性の時代とでも言いましょうか、時代の移り変わりは早いものです。

さて、2次会はカラオケBOXへ!!
通常と違うところは、歌わないというところでしょうか。
ひたすら、テレビから流れている画像を見ていたのですが、カラオケBOXで流れる画像をあんなに真剣にみたのは、おそらく生まれて初めてのことだと思います。
さて、そんな最中、(最中とかいて、もなか)もののふが歌い始めてくれました。
いえね、ブログで『自分はオンチだ』と公言されていたので、物凄くワクワクしていたんですよ。

ブログで知っているとはいえ、さすがに初対面から大爆笑したらまずいしな…
いやいや、ここはやっぱり、つっこみが必要なのか?
しょっぱなから、いきなりつっこみかましていいんだろうか?
色々な思いが交錯し、微妙な空気のなか、孔明さんが歌いはじめました…














フツー…

いや、すいません。
期待が大きすぎたのかも知れません。
いや、だってね、
新人の頃にカラオケを歌って、次から止められたとか、友人の好きな歌を歌おうとしたから、歌わないでと涙目で訴えられたとか、合唱コンクールは口パクでお願いされたとか、家で鼻歌を歌い始めたら、ネズミが出なくなったとか、山で歌ったら、山から鳥がいなくなったとか、それでも歌い続けたら、カラスが襲ってきたとか、海で歌ったら、津波が来て溺れそうになったとか、満月の日に月に向かって歌ったら、クレーターがひとつ増えてNASAから苦情がきたとか、そんな逸話がある孔明さんですよ。
そりゃー、期待するのが当たり前ってもんじゃないですか。
ちなみに、大げさに思われるところは、誤差範囲です(笑)
いや、ほんと孔明さん、普通ですよ。
上手い!!とは、俺の口からはなんともなんともですが(笑)

本物は、流れている曲なんて関係ないですからね。
1フレーズや2フレーズ遅れても、自分のペースで歌いまくります。
しかも、流れている曲が終わったにも関わらず、まだ自分の歌は終わらないみたいな…
もちろん、歌と言っていいか良くわからないですし、どんな歌かも良くわかりません。
また、歌というか曲というか歌っているメロディーといっていいのか判りませんが、それも毎回違うので、もしかしたら作曲家になったら、大成するかもしれません。

そんなこんなで2次会が終わったのですが、集まっていただいたみなさんありがとうございました。
帰りがけに、こちやまさんに本まで頂きました。
今後の子育ての参考にさせていただきたいと思います。
おかげさまで、楽しいひと時を過ごさせていただきました。
ちなみに、こまこさんと帰りが同じだったので、
ヒツジの皮を被った

















山羊っぷり

も発揮させていただきました(笑)

皆さんも、京都に来る機会がありましたら、ぜひ声をおかけください。
これぞ、京都と言わんばかりの、

















京都タワー

とか、微妙な雰囲気が漂う















京都タワー

とか、なんか昭和初期の雰囲気が漂う














京都タワー

とか紹介したいと思います(笑)
今回、後悔があるとすれば、カラオケ屋に行ったのに、オヤジが歌ってみんなに一番喜ばれる歌ナンバー1の




















メリージェン

を歌わなかったことです。決してメリーアンではありません。

また、機会がありましたら遊びましょう。
[PR]
by ormoa | 2007-03-30 09:49 | 日常ネタ