通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

代理母の問題

向井「アメリカ人の子供として育てる」

まぁ、たまには難しい話でも…





向井亜紀と高田延彦夫妻の代理出産でもうけた双子男児の出生届不受理が最高裁で確定した。

向井亜紀は、ラジオのパソナリティをしていた時から知っているというか、ファンだ。
今でも向井亜紀と聞くと「今日も、お勉強にお仕事にがんばってください。向井亜紀でした」と言う言葉が思い出される。
深夜だったので、その言葉で、結構励まされていたなぁ。大学受験でしんどかったしなぁ。
でも、聞いた後に勉強を続けるまでもなく寝ていた方が多かった気もするよなぁ。
そんなの聞く前に勉強しろよって話だけど(笑)
そんなもんだから、俺にとっての向井亜紀は、代理母として戦っているイメージよりもラジオのパーソナリティとしてのイメージが強い。

で、その頃から向井亜紀のことは気にしてみていたんだけど、高田延彦と結婚して、妊娠し、子宮頸がんにより子宮を全摘出し出産を諦め、それでも子供を諦めずに代理母を介しての出産をする。
でもって、出生届けを区役所に出したんだけれども、不受理と言う事でそれを不服とし裁判を起こしたんだけれども、高裁で勝訴するも最高裁で敗訴し、不受理が確定した。

心情的には、出生届けを受理してあげたらいいのにとは思うのだが、今の日本の法律では当然の結果だろうと思う。
日本の法律では「産んだ女性が母親」という風になっているのだから仕方が無い。
但し、今現在の話ね。
正直言って、今の日本の法律って時代に即していない所が数多くあると思う。
恐らくこの法律は代理母とかを想定して出来た法律ではないと思う。
というか、日本では代理母も認められていないのか…。

海外で認められてるから、海外で代理母をして出産して、それで日本に帰ってきて、法律でそれを認めろっていうのもなんかなぁと思ってしまったり…
かといって、どうにかして子供が欲しいという人の気持ちも判らないでもないし…

法律では認めていないけれども、感情的には認めてもいいんじゃないの? という問題が一番難しい問題だと思ったり。
恐らく表には見えていないが、代理母という道を選んでいる人と言うのはいると思う。


さて、今回の向井・高田夫妻の場合、問題が複雑でなんですよ。
いやね、根が知りたがりなものですからというより、書くからにはあまりいい加減なことは書けないなぁと思って調べたんですが…
まぁ、要点だけ書きますね。ただ、難しい問題なので、間違ってたら指摘してください。

向井・高田夫妻の戸籍に子供を入れるのならば、『養子縁組』という手段があります。
でもって、『特別養子縁組』ということをすると、『養子』という表記がなくなり父母欄には、向井・高田夫妻の名前が、そして子供の欄も『長男』『長女』と表記されることになります。実母と実父の名前が戸籍から抜けます。
最高裁で、このことを勧めている人がいることから、通常の代理母をしている方は、この方法で自分の子供として戸籍を取得するのがベターな方法かもしれません。
まず、夫と代理母の間で生まれた子供として出生届けを出し、子供の戸籍を取得したのちに『特別養子縁組』として夫と妻の戸籍に入れるという方法です。
これを向井・高田夫妻がすればいいのでは? 実子としての出生届けにこだわらなくてもいいんじゃない? とも思うのですが、向井・高田夫妻と、代理母の間で出生届けの母親欄に、代理母の名前を記載しないという約束をしているみたいなのだ。
この為、子供の出生届に代理母の名前を記載して提出できないという事情があることから、『特別養子縁組』という道は諦めているらしい。
また、『国際養子縁組』という手段はあるみたいだが、ネバダ州で子供達の親子は・向井・高田夫妻であるし、日本で養子縁組をしたいと言っているのも向井・高田夫妻という話なので、向井・高田夫妻が、向井・高田夫妻に養子縁組をするという、これってどうなの?ということになる。でもって、そのことを家裁に相談したところ、担当者的にはなしの方向みたいだ…

結局、子供達をアメリカ国籍として育てていくみたいだが、日本の向井・高田夫妻の戸籍には子供の戸籍はなく、アメリカの子供の戸籍には向井・高田夫妻の名前が載っているという、これも奇妙な話だよなぁ。

これを機会に民法が変わるのかどうなのか。
今回の判決は、向井・高田夫妻には残念な結果になったが、こういった問題を議論するという事では物凄く意義のあったことではないだろうか。
[PR]
トラックバックURL : http://wawonn.exblog.jp/tb/5157001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from りゅうちゃんミストラル at 2007-04-15 10:33
タイトル : 向井亜紀を批判して喜ぶ人たち
4月11日、タレントの向井亜紀さん夫妻が会見を開いた。代理出産で生まれた子との母子関係を最高裁で認められなかったことについて話した。   代理出産で親子認めず「がっかり…」向井亜紀さん夫妻会見(読売新聞)私はこの件で何回か記事にした。 代理出産について...... more
Commented by kumokohujin at 2007-04-15 10:14
なかなか難しい問題です。
結局は、法が変わるのを待つしかないんでしょうね。。。
Commented by ormoa at 2007-04-16 08:56
そーですねぇ、現状では法が変わるのを待つしかないと思います。
ただ、何か無くては日本の法律は変わらないので、そのきっかけにはなったと思います。
それだけでも、十分意義があったんじゃないかなぁ。
なにも無ければ、変わらないわけですから。
Commented by ringoame15 at 2007-04-16 10:32
あんなに有名じゃなかったら、こっそりアメリカに行って、自分のおなかからうまれてきたことにだってできたのにね。
by ormoa | 2007-04-14 13:13 | 日常ネタ | Trackback(1) | Comments(3)