通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

母の日


普通ですと先日の話で、すべて終わりだと思いますよね。





妻が欲しいものを買った。
半日家出というプレゼントもした。
これ何かありますかって話なんですが、これって全部母の日の前に行われていることなんですよ。
と言う事は、前から読んでいただいている方は、もしかしたら判るかもしれませんが、


















当日サプライズ

が、必要なんですよ。
この件に関しては、議論は不要です。
えぇ、この件に関しても







これはこれ、それはそれ

理論が成り立ちます。
いやね、以前に何回も反論しましたよ。
大体、誕生日とか、クリスマスとか、ホワイトデーとかイベント毎っていっぱいあるじゃないですか。
まぁ、付き合っているときっていうのは、プレゼントを自分で考えて渡したりしますけど、結婚したら欲しいものを聞いておいて、それをあげるとか、一緒に買いに行くっていう風になるじゃないですか、

妻「で、当日はナニをくれるの?」
俺「えっ、前に欲しいって言っていたの買ったじゃない。」
妻「それはわかるんだけど、当日にはナニをくれるの?」

なにをいっとんじゃと、何と言う寝ぼけたことを言ってんじゃ!!つーことですよ。

俺「へ? だから、買ったじゃん」
妻「だーかーらー、それはそうなんだけどサプライズがない」
俺「は? 訳がわからねーよ。あれはいらないということか?」
妻「なに言ってんの。あれは私のでしょ。そーじゃなくて、私の為に何かプレゼントを買ってくれるという、その気持ちが嬉しいって話でしょ」
俺「は? だから、プレゼント買ったじゃん」
妻「なに、馬鹿なこといってんの!!あれは、私が考えたんでしょ。そーじゃなくて、あなたが、私の為にナニが欲しいか考えるという、それがいいんじゃない」

いやね、待ってくださいよ。
まずね、最初は俺が考えてプレゼントを買っていたんですけど、
















趣味が悪い

という一言で、お前が考えるプレゼントを買うということになっただろーが!!

俺「じゃ、あれか? 今度からは、俺が考えたプレゼントだけで良いって言う話か?」

これは、望むところです。
プレゼントで楽しむことが出来るって話じゃないですか。
いやー、俺のプレゼントのは、


















貰ってあまり喜ばない

っていうのが基本ですからね(笑)
プレゼントを貰って嬉しい!!っていうのと、あけてびっくり嬉しくないっていう、この落差がいいんですよ。
例えば、鍵をよく無くすって聞いていたので、絶対に無くさないように、電話の受話器ぐらいある木で出来たキーホルダーとか…
疲れたって言うから、サボテンの中に石を詰めて雨の音みたいになるものとか…
可愛いアクセサリーが欲しいって言うんで、埴輪をあげたりとか…

妻「センスが無いから、プレゼントは私が選ぶ!! そーじゃなくて、気持ちよ気持ち!! じゃーなに、私の為に何か考えるっていうのは嫌って言う事!!」
俺「いや、そーじゃないけど…」
妻「ちなみに、変なものを買ってきたら、また買いにいかせるからね」

それじゃ、ちっともサプライズじゃねーじゃねーか…
寝て枕元に、カブトムシの幼虫を置いておくとか、アゲハチョウの幼虫を置いておく(ちなみに、妻はイモ虫が嫌いです)とか、そんなサプライズも考えたんですけどね、命が惜しいので普通に考えています。

そんなこんなで、『気持ち、気持ち』という言葉に騙されて、なにを買っても当日にサプライズが必要という、そんなことになっています。

で、今回は息子と結託して、コンビニに行くことに。

俺「今日は、母の日だからお母さんにプレゼント買おうか?」
息「うん、ポッキー買おうか」
俺「いいよ、じゃー、りょーへーくん(仮)は、ポッキー買いなね。りょーへーくん(仮)も1つ何か買って良いよ」
息「ポッキーわぁ、コーヒーのヤツがお母さん好きだから、これ買うね」

それは、少し高いポッキーじゃないですか…
まぁ、いいか。
と言う事で、ポッキーとガムを買いました。
ついでに、店の中で食べられるコンビニなので、お茶をしていくことに。

息「このガム食べていい?」
俺「うん、いいよ。1個だけね」
息「うん、わかった」
俺「剥いてあげようか?」
息「できるから、だいじょーぶ」

ふーん、ガムをキチンと剥けるようになったのか…
と思いながら見ていると、ほら、粒ガムタイプのやつを剥くと、2個目がポロッと落ちるじゃないですか、息子が剥いたガムも丁度2個目のヤツがポロッと落ちました。
まぁ、どうするのかなぁと見ていたら、椅子からちゃんと降りて、落ちたガムを拾いました。
いやー、落ちたものをチャンと拾うなんて偉いなぁと、感心してみていたのですが、




















息「はい、おとうさん

と、落ちたガムをくれました…
落ちたガムは、お父さんへ…ですか…
まあ、包み紙があるから、問題は無いんですけどね。
ポッキーと良い、ガムと良い、妻の教育レベルの高さに感心しています。
[PR]
by ormoa | 2007-05-16 08:36 | 妻ネタ