通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自民惨敗というよりも…

民主以外、全部惨敗と言ったところでしょうか。





公明党が議席数を減らしたというのも驚きです。
まぁ、それだけ民主党に強烈に風が吹いたというところだと思いますが…
更に、社民党も議席を減らしましたね。
今までというか、社会党時代には、反自民なんだけど、共産党ちょっと…と言う人の受け皿になっていたと思うんですが、今はその場所に民主党がいますからね。
こうなってくると、社民党の存在意義がいまいち伝わらないという結果でしょうか。

さて、今回の選挙は「年金」と「政治と金」というのが争点だったような気がするんですけど、おかしなネジレがあるんですよね。
まずは、「政治と金」なんですけど、ちょっと前までは小沢代表=政治と金って感じだったと思うんだけど…
でもって、小沢代表の不正蓄財疑惑っていうのにはびっくりするぐらい報道がなかったよなーと思うんですよね。
こっちの疑惑って10億ですよ、10億。
片や800円の水道光熱費でアレだけ言われる赤城農水相って…
あと、物凄く自民党の失言ばかり取り上げられていたなと思うんですよね。
麻生大臣の「アルツハイマー失言」よりも、田中真紀子氏の「口の曲がった大臣が計算できない人はアルツハイマーと言ったけれども、自分(外相)がアルツハイマーだ」と言った失言の方が物凄く悪質だと思うんですけどね。横峯氏の「年金を納めていなくても、納めていましたと言っていい」と言った発言とかね。
あー、そういえば朝鮮総連の不正献金とかもあったけと、見事にスルーだったよなー。

あと、年金問題なんですけど、不思議なのが自治労の人が民主の比例をトップ当選してるんですよね。
自治労って、公務員の労組なんですよね。
もちろん、社保庁の職員も含まれています。
これをどう考えたらいいのか…

うーん、こういうネジレがあるって言う事は、政策で民主党が選ばれたってことなのか?
郵政民営化の選挙の時に、郵政民営化だけに踊らされて自民党が大勝した後の、今の政治を省みて、今回の参議院はこれからの政治を考えて民主を選んだという風にとっていいのかな。
少なくとも、自民党の政策よりも民主の政策の方がマシと考えた人が多いと思いたい。
郵政民営化のときと同じ様な感じだったとしたら、いったい国政っていうのは誰が動かしてるんだっていう話ですよ。

今回の民主のマニフェストと自民のマニフェストは、対比しながらよく読んで勉強したいと思います。
これを夏休みの社会勉強にするか!!
[PR]
by ormoa | 2007-07-31 20:16 | 日常ネタ