通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

日曜日の朝

妻が、いきなり俺の布団に入ってきました。





『おいおい、いっくら休みの朝だからって子供達が…、おっ子供達も寝てるのか…。なんだなんだぁ。うんうん、そーかそーか、ここのところ、ご無沙汰だったしなぁ。

















冷たっ!!

妻が、いきなり俺の背中に手をつけてきました。

俺「おいっ、なにすんだよっ」
妻「














日曜の朝から働いている妻を、温めてあげようっていう気にはならないの!!

俺「そーゆー問題じゃないだろ。手が冷たかったら、お湯使えよお湯!!」
妻「足にお湯は使えないでしょ!!」

と、今度は足をくっつけてきました。

俺「


冷たっ

妻「あんまりうるさくすると、子供達が起きるからね。おきたら面倒見てね」

大体、誰がうるさくさせてるかって話ですよ。
何もしなければ、俺も声なんて出さないわけですよ。
まったく、何が悲しくて、暖かい布団の中で氷のような手足を温めなきゃいけないのかって感じですよ。
暖かい布団に包まって、だらだら寝過ごすのが日曜日の楽しみじゃないですか。

娘「あー、あー、あー」

あぁ、起きちゃったよ…

妻「後はよろしくっ」

台所に逃げる妻…
布団を被る俺。
俺の上に乗る娘。

まぁ、いいや、乗せとけ乗せとけ。
これだったら、まだまだOKだ。

妻「りょーへーくん(仮)。恐竜キングがやってるよ」

むくっと起きて、テレビをつけに行く息子。

息「おとーさん。恐竜キングやってるって。はやく起きなよ」
俺「いいよ、寝てるよ」
息「はやく~、はやく~、おわっちゃうよー」

俺の布団を剥ぎ取る息子。
横に転がる娘。
そして、俺の上にジャンプで乗ってくる息子。
もう、既に寝られる状況じゃない…。

妻「大体、私が働いてるのに、ぬくぬくと寝られると思ったら大間違いよ」

妻が早起きした日曜の朝、我が家は戦場と化す…
[PR]
by ormoa | 2007-10-23 08:28 | 妻ネタ