通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

自己防衛!!


さて、会社の存在意義ってなんでしょう。

これってなんだと思います?
ちょっと考えてみてください。





























色々な意見があると思うんですが、会社って利益を上げるってことが大前提であるんですよね。
利益をだせないなら、やらないほうがマシですから。
でも、利益を出すだけが目的ですか?
少なくとも、俺はそう考えたくはないです。
じゃーなによと聞かれたら、商品を通じて社会貢献をすると言う事じゃないですか?
もちろん商品と言っても、『もの』だけではないですよ。
そういう考え方を持っていますか?って言う事なんです。
社会貢献って言うと具体的にどーゆーことよ?と言われる人もいるかもしれないですね。
自分の勤めている会社の商品を見てください。
例えばテレビを売っているとしましょうか?
テレビを作っている人は、テレビを通じてみんなの豊かな生活の為に一役買っているわけですよね。
テレビを売っている人は、テレビが欲しいというお客様の欲求に答えて、満足してもらっているわけですよね。
でもって、必ず言われるのが、確かに作っている人とかはそうかも知れないけれども、その会社の経理は関係ないじゃないですかっていう意見です。
本当にそうですか?
経理の人がきちんと働かないと、きちんとした企業活動ができないんじゃないですか?
だったら、テレビを作っている人と変わらないでしょ?
これって当たり前の話だと思うんです。
というか、会社に勤めるときに普通は教わるか、自然と身に付く話だと思うんですよね。
ところが、今は恐らく『コストを下げろ』『売上げ伸ばせ』しか言われていないんじゃないかな。
それじゃ、企業倫理なんて生まれないですよね。
お金が全ての基準ですもん。
お金というか、利益は確かに大事です。でも、同時に企業倫理についても考えなくてはいけないはずなんですよね。

と、同時に消費者の立場から言えば、賢い消費者というのにならなくてはいけない。
昔は安いものって言うのは、安物買いの銭失いとか言われて、やっぱり安物は駄目だっていう感じがあったんですが、いつの頃からか知りませんが、安くても良いものと言うのが当たり前の世の中になってきました。
それはそれで、確かに結構な世の中かもしれませんが、おかげで、良いものを見極める力が落ちてきて気がしなくもありません。
そりゃーそうですよね、安くても高くても良いものなんですから。
俺は『もの』には適正な価格と言うのがあると思うんですよね。
当たり前だと思うんですが、適正な価格以下で商品が売られてるとするならば、絶対にどこかに無理が出てきているはずなんです。
無理が続けば、どこかに歪みが出てくるのも当たり前の話。
ただ、今の日本だと、この当たり前の話が当たり前でなくなってきているんですよね。

これだけ穀物が高騰し、原油も高騰しているのに、スーパーでは『消費者応援』と言って値段が下がっているという状況なんですよね。
これが不思議で仕方がありません。
ちょっと考えてみてください。
値段が下がっているものってあります?
当てはまるのって、俺が思い当たるのは給与ぐらいなんですが…(笑)いや、笑えない…
確かにちょっと前までは、大量に仕入れてとか、無駄を省いて安くする方法があったと思うんですが、今では、リストラして人もいないし、省く無駄もない状況じゃないですか?

ともかく安いものと言うんじゃなくて、物の価値を判断して適正な値段で買うというのが安全なものを買うということに繋がると思うんですけど、どうですか?
[PR]
by ormoa | 2008-02-15 08:26 | 日常ネタ