通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

朝の出来事

むにゃむにゃ寝ぼけていると、娘がやってきました。





前に書いたことがあるんですが、朝に娘が俺のところに来るなんて、それこそ奇跡に近いんですよ。
どれぐらい奇跡かっていうと、






川口浩探検隊が、世紀の大発見するぐらい

奇跡です。
ちなみに、まだ藤岡弘、は探検家としては認めてません!!

さて、朝から娘が俺のところに来るなんて、ほんとソレぐらい奇跡なんですよ。
今までは、俺が隣に寝てるだけで逃げるっていう、荒業をしてくれた娘がですよ、それが俺のところに進んでくるなんて、これを奇跡といわずに何を奇跡とよんだら言いのでしょう。

『そーか、娘よ。ようやく、父のところに来るようになったか』

すると、俺を乗り越え、押入れの戸をまさぐっています。
そして、そこには娘の着替えが入っている。

『うーん、朝、父のところに来るだけでなく、更に着替えまで自分で出そうとするとは…こりゃ、天才じゃないか? コレが世間から注目を浴びて、一躍スターになったら…
いやいや、そうなると『虫』が付くから、ひた隠しにしなくては!!』

そんな事を思っていたら、俺の頭を2回叩いてきました。

『朝、俺のところに来て、しかも着替えを用意して、父まで起こしていくなんて、なんて、なんて、いい娘なんだ!! こりゃほんと世間がほっとかんな。このまま育っていったら、国民的美少女コンテストに推薦されちゃうんじゃないか? いや、今でもやってるかどうか知らないけど、でもこれは由々しき問題だ…』

なんて事を思っていたら、スッと娘がいなくなりました。
目を開けて見てみると、







ぬいぐるみを片手に去っていきました

あぁ、ぬいぐるみを取りに来ただけね…
ま、世の中そんなもんです…。
[PR]
by ormoa | 2008-03-17 08:36 | 娘ネタ