通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

くれぐれも誤解のなきよう…

ある日の夫婦の会話。





妻「ちょっと、どうするの?」
俺「子持ちじゃねーのは、いらねーだろ」

妻「あんた、その一言で世の中の女性を全部敵にまわしたね

おいおいおーい。
ちょっとまて、ちょっとまて、ちょっとまて。
そんな大げさな話じゃねーだろ、これ。

俺「そーゆー意味じゃねーだろ」
妻「大体ねぇ、いつも心の中で思ってるからそういう言葉が出て来るんだよ。普段は思ってなくても、そういう事を考えていないと言葉ってでないからね。」
俺「いやいや、まてまて、だからそーゆー話じゃねーだろ」
妻「まぁ、そーゆー話じゃなくても、そーゆー話でも、キチンと責任とってよね」

いやいや、まてまて。
この話って、そもそも俺の実家から送ってきた、








ししゃも

の話だろ。
あっ、そうだ。
良く考えたら…

俺「おいおい、ちょっと冷静に考えたら、責任もなにも、




オス

なんだから、世の中の女性を敵にまわすとか関係ないだろ。そもそも雄なんだから、子がなくて当たり前だろ」
妻「どっちでもいいんだけどさ。自分の親から送ってきたんだから、責任とってよね」
俺「はい…」

そーそー、話はししゃもなわけですよ。
前に見たことのある、伝説の『子持ちししゃも(オス)』なわけですよ。
大体ね、オスが子持ちししゃもな訳ねーだろって話ですよ。
これをですな、わざわざ俺の実家から送ってきたわけですよ。
まぁ、他にも色々あったんですけどね。
その中の一つに『子持ちししゃも(オス)』があったわけです。
ちなみに、これで2回目…。
前回は…

俺「おっ、ししゃも!! いただきまーす」

と食べたところ、食べても食べても卵がない…
あの卵が魅力的なのに、その卵がないって話ですよ。
コーヒーに入れるクリープなんてもんじゃないですよ。
言うなれば、コーヒーにコーヒー豆が入ってなくて、お湯だったみたいなノリです。

俺「これ、オスかよっ」
妻「そーよ」
俺「ししゃものオスはねーだろ。オスは」
妻「文句は、お義母さんに言ってね。」
俺「…」

でもって、オスのししゃもが10匹ぐらい。
子供は何故か、魚が好きなくせにししゃもを食べないんです。
仕方がないので、オスのししゃもを全部一人でたべました。
ようやく、そう、ようやく、我が家の冷蔵庫にオスのししゃもが無くなったと思った瞬間のこの仕打ち。
本当に、タイミングよくオスのししゃもが送られてきました。
いやね、送られてくるのはありがたいんですよ。
ありがたいんですが、オスのししゃもはありがたくない…。
ということで、実家に電話しました。

俺「荷物届きました。どうもありがとう」
母「ちゃんと届いた?」
俺「それでさー、中にししゃもがあったんだけどさ」
母「うん、北海道産のを入れておいたよ」
俺「いや、北海道でもなんでもいいんだけど、オスだろあれ」
母「そーだよ、オスだよ」
俺「頼むから、オスは止めてくれ」
母「なんでよ」
俺「なんでもクソも、卵が入ってねーだろ卵が!!」
母「でも、北海道産だから、味はいいでしょ、味は!!」
俺「俺、まぁ、味はいいかもしれないけど…」

(実際は、味は判らなかったけど北海道産というイメージに負けました。というか、ここで、味もそんなに良くないって言うと、なんか負けたような気分になるのが嫌だった(笑)

母「でしょ。だったらいいでしょ」
俺「まぁ、それはそうなんだけど…」

と言う事で、結局2度目のししゃもも、俺が全部食べることに…
というか、このままの勢いで3回目もありそうな感じがしなくはない。
もっと更にいうならば、我が家の平穏の為にも、ししゃもは子持ちでください…
[PR]
by ormoa | 2008-07-02 12:01 | 妻ネタ