通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

川口の科学館に行ってきました。



なんか最近科学づいてるなと感じていますが、川口の科学館へ行ってきました。





良くある科学館と同じように、簡単に実験できるようなものがいっぱいありました。

入場料200円なので、平たく1階のフロアーだけだったのですが、












物凄く興奮しました

いやー、面白いですよここ。
まず、人が居ないのがいい(笑)
そーなんですよ、ゴミゴミしていないので色々な器具…というか道具というかが、じっくり触れるんです。
で、小さい子供がいても、それなりに遊べる道具もあるし、フロアーが1階だけなので子供が消えても直ぐに見つかるのも良い。
でもって、ある時間毎に、色々な実験を見せてくれるのも良いです。しかもそれが判りやすい!!特に小学生にはお勧めです。

中でも特にお勧めだったのが、関東地方に地震があったらという小芝居(笑)です。

人間が生きていくために必要なもの…水!!

これを簡単なろ過装置を使ってゴミを取ってから煮沸をし、人が飲めるような水にするんですが、これが最高でした。

まず、泥水をろ過装置で濾すのですが、ペットボトルの上端を切って、小石とか砂とかガーゼとかを入れ、そして炭をいれてろ過するのですが、なんと物凄くきれいな水になるわけです。
まぁ、この場合、直下型の地震が起きたときに、炭を探すよりも水が供給されるのを待ったほうが早いし安全なんじゃないかという疑問はとりあえず置いておきます。
そして、次の煮沸をするときに、火起こしをするのですが、最近の火熾しは、木をすり合わせたりこすったりしなくても、乾電池とスチールウールで簡単に火熾しができるんですよ。
乾電池2本を直列につないで、プラスとマイナスにスチールウールを近づけて電気を通すと火が熾きたのです。
おぉ、すげー、こんなに簡単に火が熾せるんだ!!と真剣に感動しました。
もちろん、スチールウールを持っている人よりも、ライターを持っている人の方が多そうな気がするのは、多分気のせいです(笑)
で、水の次にくるのが食べ物…
そう、人間は食べ物を食べないと死んでしまいます。
で、目玉焼きを作ります。
この目玉焼き、先ほど火を熾したにも関わらず、火を使わないで温めますとかなんか良くわからない事を言っています(笑)
取り出したのは、生石灰と水なのですが、見事に目玉焼きが出来ました。
いやー、なんか真剣に感動しました。
ちなみに余談ですが、この目玉焼きを作るのに、あまりに危険なため、物凄く厚手の手袋とゴーグルをしていたのは、無視する方向です(笑)

何は無くても、緊急避難袋には、炭、スチールウールと乾電池、そして生石灰は必需品です!!
[PR]
トラックバックURL : http://wawonn.exblog.jp/tb/8763669
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by jemini-web at 2008-10-14 22:40
そう言えば、中学の頃は天文部だったので、金属ナトリウムを水の中に浮かべる実験とかよくやりましたよ~
(参照: http://anzenmon.jp/page/205550 )
Commented by ormoa at 2008-10-15 08:35
えっと、参照を見たんですが…
というか、参照を見る前も疑問だったんですが、天文部はビッグバンを起こす研究とかしてるんですか?(笑)
Commented by ringoame15 at 2008-10-15 18:40
こんど行ってみますw
Commented by ormoa at 2008-10-20 08:47
【つくしさん
まじでいいっすよ、ここ。
ぷらっと遊びに行くには十分です。しかも綺麗だし。
by ormoa | 2008-10-14 11:38 | 日常ネタ | Trackback | Comments(4)