通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

きっと、一流になります。


先日の、我が家の会話。





俺「ほら、ひなちゃん(仮)。お片づけして」
妻「そんな事いっても、ひなちゃんは屁でもないよ」
俺「そんな事無いだろ、言えばわかるだろ。ひなちゃん(仮)片づけして。」
娘「いやっ」
妻「ね、いっつも甘やかしてるから、人の言う事を、まるっきり聞かない」
俺「ほら、お片づけしないと捨てちゃうよ」
娘「いいよ~」

このがきゃーーーー

息子(小声で)

息「それ、俺のだから、こっそり隠してね」
俺「本当に、捨てちゃうよ、いいのひなちゃん(仮)」
娘「いいよ~」
息「捨てないで~」

と、娘が片付けなくても、娘の遊ぶおもちゃは、たいてい息子のおもちゃなので、こういった形になります。
それがわかっていて、片付けない娘…
まったく、ずうずうしいったらありゃしません。
これが息子だと…

俺「片付けないと捨てるよ」
息「片付けるから、捨てないで、捨てないで」
俺「じゃ、早く片付けるんだよ」
息「わかった…」

という風に、きちんと片付けます。
こういった、娘が片付けない事件が、3回ほど続いた段階で、流石の俺もキレました。

俺「ほら、早く片付けなよ」
娘「やーだよ」
俺「もう、怒ったからね、どうなっても知らないよ。片付けないの?」
娘「やーだよー」

もう、仕方が無い、最終兵器の発動です。

最終兵器はこんな感じ

馬「ほらー、片付けろー」
娘「やめてー、やめてー」

泣き叫ぶ娘。

馬「片付けないから、馬がきたぞー」
娘「怖い、怖い、怖い」
馬「お片づけするか!!」
娘「怖い、怖い、怖い」

そして、部屋を去る馬。

俺「ひなちゃん(仮)。きちんと、お片付けしないから、馬が来たんだよ」

まだ、泣き叫んでいる娘。

俺「きちんとお片付けしてね。」
娘「うん、うん」

そして、夜、寝るとき。

俺「ひなちゃん(仮)。お片付けした?」
娘「うん、した。」

そして、俺の布団の横にチョコンと入る娘。

娘「おとうさん、ごめんなさい」
俺「うんうん、きちんとお片付けしてね」
娘「うん、ごめんなさい。














ひなちゃんねぇ。おとうさんが一番すきなんだ~(ハート)

(しかも、頭だけ俺の体につける可愛いしぐさ状態で)

俺「!!」

いや、まぁ、こんな事で、簡単に騙されちゃいましたが、この要領の良さは一体誰に似たのか、不思議で仕方がありません。
というか、コレが本能で行われているのか、計算で行われているのか、微妙なところなのですが、本能にしても、計算にしても、そもそも2歳児なので、どちらにしても末恐ろしいことには変わりありません。
[PR]
by ormoa | 2008-11-05 12:43 | 娘ネタ