通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アンパンマン

最近、アンパンマンにはまっています。




いやー、アンパンマンが、あんなに素晴らしいというか深いとは思いませんでした。
いえね、最近子供に見せたいアニメってあまり無かったんですよね。
いや、アレですよ、アニメを見せたら良いって訳じゃないんですが、ほら、子供ってやっぱりアニメとか見たがるでしょ。
というか、子供がラブシャッフルなんて見たがったら、それはそれで問題ですし(笑)
どーせ、アニメなんて見たら駄目だって言ったって、見るものは見るわけですから、どーせ見るなら、なるべく良質なアニメを見せたいというのが、これまた親心ってわけです。
昔だと、日本むかしばなしとか、世界名作劇場とかあったじゃないですか。
いまじゃ、こーゆーのが余り無いんですよ。
日本むかしばなしなんて、よく出来てると思うんですけどねぇ。
まぁ、今でも覚えている話っていうのはあまり無いんですが(笑)
それでも、きっとなんかしらの教訓として、心に残っている気がします。
まぁ、心に残っているといえば『日本むかしばなし盛り』なんですが、今の子供なんかに『ご飯を日本むかしばなし盛りで!!』と言っても、多分判らないんでしょうね(遠い目…)
世界名作劇場も良かったですよね、中でも好きだったのはペリーヌ物語なんですが、ハイジもネロもマルコもラスカルも好きでした。まぁ、最後だけ人間じゃないですが(笑)
マルコを見たときなんて、一年かけておかあさんの所に行って、一日で帰ってくるなんて、何て鉄道って凄いんだと思いましたからね。帰りも少しぐらい物語があるだろと・・・

で、この正月にアンパンマンの映画版をテレビでやってたんで見たんですよ。
あ、娘が好きなもんで…(笑)
で、まぁ、いつものごとく、いつものようにバイキンマンが悪さをしているわけですよ。
子供界の水戸黄門と異名があるぐらいのバレバレストーリーな訳です。
普通のテレビでは『バイバイキーン』で終わるんですが、映画版は更に強力な敵が出てきます。
でもって、楽しければそれで良いみたいな、お姫様が自分を犠牲にしてアンパンマンを助けて…って、これがまた、本当に幼児が理解できるのか?と言う内容な訳ですよ。
ちょっと簡単に書いちゃいましたがっていうか、2行ぐらいで書いちゃったんですが、これはぜひ劇場版を見て欲しいっっっ
いや、本当に奥が深いですから!!

俺「アンパンマンって、奥が深いなぁ」
妻「そうだよ、だってあまりに難しすぎて、アンパンマンの曲だって1番が使えなくて、2番だけになってるぐらいだから…」

あっ、それはなんか聞いたことがあるな…
と思って調べてみたら、

♪そうだ うれしいんだ 生きるよろこび たとえ胸の傷が痛んでも~

胸の傷が痛んでも、生きる喜びがうれしいって…
確かに、深い…

♪なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのはいやだ

生きるための意味をみいだすって物凄いことじゃないですか?
俺なんて、いまだに自分探しの旅に行っちゃうぐらいですからね、近くのコンビニまで(笑)
大体2歳ぐらいの子供に、生きるための意味をみいださせる番組なんてナカナカ無いですよ。

♪今を生きることで 熱いこころ燃える だから君はいくんだ ほほえんで~

いやー、凄いですねぇ、伊達に自分の頭を食わせているわけじゃないですよねぇ~

俺「なんか、自分の頭を食わせているだけの番組だと思った…」
妻「何言ってるのよ、アレだって、相手にわけあたえるのは、自分も痛みを伴うという意味で自分の頭を食べさせてるんだよ」

えっ、マジで?
と思って調べていたら、『ほんとうの正義というものは、けっしてかっこうのいいものではないし、そしてそのためにかならず自分も深く傷つくものです』とか書いてあるし…
一般的にいう正義というのはだいっ嫌いなのですが、アンパンマンで語られている正義って、物凄く俺のイメージに合うんですよね。


ちょっとしばらく、娘とアンパンマンを見る生活が続くと思います(笑)
[PR]
by ormoa | 2009-01-28 18:25 | 日常ネタ