通常営業に戻します


by とり
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

嫌な客をやってしまいました…


と言うか、物凄く疑問だったもので…





某所で、ピコピーエアコンを物凄く宣伝して売っていたんです。

なになに?

お肌に良いと…
タバコの臭いも消すと…
カビの繁殖も抑えるんですか…
なんか、物凄く良いものみたいです。
物凄く良いものなんですが、何が作用してこうなるのか、いまひとつ良くわからないんですよ。
そもそも、ピコピーって何?と思うわけです。

フムフム、肌を保湿してくれるんですか。
なんでもピコピーが皮脂と馴染んで肌をコーティングし、水分の蒸散を抑えてくれるみたいなのですが、加湿器ってことなのかな?

タバコの臭いも消すってことみたいですが、説明でNH3を分解していたんですよね。タバコの臭いってアンモニアなんですか?というか、臭いの素ってアンモニアなんですか?
そもそもアンモニアって気体でその辺にウヨウヨしてるものなんですか?
なんか物凄く毒性が強かった気がするんですが…
アンモニアも水に直ぐ溶ける性質だから、加湿器ってことなのかな???

カビの繁殖も抑えるのか。
ここで、更に頭の中の疑問が増えるわけです。
えっ、ピコピーって水じゃないの?
水がカビを包んでカビが発生しないなら、浴室でカビは発生しないもんなぁ。
ってことは、ピコピーは水じゃないのか…
そうすると、ピコピーって何なの?と思うわけです。

頭の中では『???』がいっぱい状態で佇んでいると、ピコピーを売っている業者の方が話しかけてくれるではありませんか!!
(ピコピーを売っている会社の人です)

業「これは、すごく良いものなんですよ」
俺「そうなんですか」
業「ご結婚なさってますか?」
俺「えぇ」
業「まずですね、肌にいいんですよね、保湿効果があるんです」
俺「はぁ、そうなんですか」
業「でもってですね、臭いも抑えてくれるんですよ」
俺「へぇ、それは凄いですね」
業「で、カビの菌も殺してくれるんです」
俺「カビの菌も殺すんですか?」

なんだ、カビを包み込むんじゃなくて、カビを殺すのか。
うーん…

業「そうなんですよ」
俺「それは凄いですね」
業「使っていただければ、違いが直ぐに判ると思います」
俺「うーん、でも、アレですよね、カビを殺すんですよね」
業「そうです、カビの繁殖を抑えるんです」
俺「そうなると、アレですよねぇ。カビを殺しちゃうのに、肌に良いって事はないですよね」
業「そんな事はないです。肌には良いんですよ」
俺「えぇ、だって、カビを殺す薬剤ってみんな換気してくださいだの、混ぜるな危険だの書いてありますよ。カビを殺すのに、コレだけ無害って事はないんじゃないですか?」
業「いえ、マイナスイオンの周りに水をつけているので、物質的には無害なんです」
俺「無害なんですか?」
業「無害です」

うーん、不思議だ、不思議で仕方がない。

俺「カビは殺して、肌は守るなんて、そんな都合のいい物質ってあるんですか?」
業「それがピコピーなんです」

駄目だ…
こういう言い切り方をされると、どうしても反応せざるおえない。
コレが、電気屋の店員とかなら、色々と突っ込んで聞いても、売っている会社の人じゃないから間違っていても仕方がないかと思うんですが、売っている会社の人ですからね、ここはトコトン聞いてみることにします。

俺「そうなんですか…ピコピーってマイナスイオンの周りに水がついたものって言ってましたが、そんな只の物質が、カビだけ殺して、皮膚細胞を殺さないなんて器用な選択をできるなんて思えないんですけど…水とかマイナスイオンに、細胞を見分けて判断するなんて無理ですよね」
業「ちょっと待ってください…」

ちょっと裏に行く業者。
やばい、なんか確実に嫌な客になってる…

業「すいません、カビを殺すんじゃなくて、抑制するんでした」
俺「抑制するんですか?」
業「そうです、ピコピーでカビを包み込んで、カビが繁殖するのを抑えるんです。肌も言うなれば表面に張り付くわけです。ですからカビの繁殖を抑えるし肌にも良いんです」
俺「そうですか、それならば納得できます」

ちなみに、頭の中では、カビに水がくっついたら、繁殖しやすくなるんじゃないの?とも思ったんですが、そうなるとイチャモンつけてる客になっちゃうんで、止めました。
いや、まぁ、十分イチャモンつけてる客なんですが(笑)

業「で、ピコピーが弱酸性なので、肌のなじみもいいんですよね」

ん?
弱酸性?
なんで?
やばい、また疑問が沸いてきちゃった…

俺「弱酸性なんですか?」
業「はい、弱酸性なので、肌と同じなんですよ」

うーん、確かにビオレの宣伝で、肌は弱酸性って言ってるよなぁ。
って言うか、ピコピーって何なの?と思うわけです。

俺「すいません、ピコピーって何なんですか?」
業「マイナスイオンを水分子で包みこんだものです」
俺「マイナスイオンとは違うんですか?」
業「違います。マイナスイオンではないんです」

うーん…

俺「水なんですか?」
業「水ではないです、マイナスイオンの周りに水分子をつけたものです」

マイナスイオンでもなくて、水でもないのか…
それって一体何なんだ?
いや、それがピコピーですって言われたらそれまでなんですが、ピコピーって物質が新たに出来たって話?
で、なんで弱酸性にこんなに喰いついたかと言うと、ピコピーを説明している絵を見ると、Hプラスが出ていたので、単純にマイナスってOHマイナスだと思っていたんですよね。(いや、Hプラスの状態やOHマイナスの状態で空気中にいられるかも判らないんですが…。)
で、OHマイナスってアルカリ側じゃないのかなと思ったんですよね。少なくとも酸の側ではないかなと。
と言うか、酸ってHプラスじゃないのかなぁと。
俺の知識の中では、OHマイナスで弱酸性ってなんか矛盾してる気がするんですよね。
中性って言うなら、水がマイナスを帯びているだけっていう感じで理解できるんですが、弱酸性っていうのが、ちょっと良くわからないんです。
それと、ナノサイズの物質が酸かアルカリか判るのかなっていうのも、ちょっとあったのですが…。

俺「うーん…すいません、ここにHプラスの絵が出てるんで、このマイナスってOHマイナスじゃないかと思うんですが、OHマイナスで弱酸性ってなんかおかしい気がするんですけど…」
業「ちょっとすいません、お待ちいただけますか?」

裏に行く業者…
そして、上司らしい方を連れていらっしゃいました。

上「なにかございましたか?」
俺「いえ、あの少し疑問があったものですから…」
上「はい、なんでしょう」
俺「ここの絵で、Hプラスと言うのが出てるんで、なんとなくピコピーのマイナスって言うのはOHマイナスの事じゃないかと思うんですけど、そうなると弱酸性っていうのはおかしくないかなぁと思うんですが…」
上「うーん、そうですねぇ。おかしいかもしれませんねぇ」
俺「なんでですかねぇ」
上「なんでなんでしょうねぇ」

沈黙する二人…
気まずい、気まずすぎる。

俺「すいません、商品的には、肌も良くなるし、カビも抑制するみたいですし、物凄く良いものだと思うんですが、なんで弱酸性なのかが納得できないものですから…。色々と皆さんの意見を聞くと、確かに効果があると思うんですが、なんか理屈で判らないので、すいません」
上「そうですか、またよろしくお願いします」

という事で、そこを去ったのですが、さすがに上司の方は無難です。
というか、あらためて文章にしてみると、物凄く嫌な客です、ほんとすいません。
でも、なんというか、職業柄こういうのって気になって仕方ないんですよね。
うーん、こういう性格はなんとかしなくては…
[PR]
by ormoa | 2009-03-16 18:18 | 日常ネタ