ばれたら妻に殺されるblog。

式場選び

好評だったのか判りませんが、調子に乗ってシリーズ物で!!
というか、主婦の方から結構好評で、いやー、俺って分析力あるっ、さすがっ、でも、それが何でいかせなかった!!っていう事から、これから結婚する方にささげる、メッセージです。
多分、ですよ。た・ぶ・ん、これに基づいて結婚式をすすめられたら、そんなに大喧嘩はしないと思います。
ゼ○シィ読むより、これ読んどけって感じで書かせてもらいます。
これから結婚される方もいらっしゃるみたいなので…幻の第一弾(笑)



という事で、第一弾は式場選びです。
一般的に、式場を選ぶ場合は、良くデパートとかにある結婚案内所に行くと思うんですよ。
利用は無料だと思うんで、初めの一歩としては良いと思います。
ですが、相手は商売ですので、色々と質問してきます。
最低限

大体の予算
場所
結婚式のスタイル
人数
あと、何にこだわりたいか(特に彼女が)

ってのは事前に話し合った方がいいと思います。
今だと、結婚式の予算って300万~って感じなんでしょうか。
まぁ、ご祝儀で半分ぐらいは返ってくるとしても、それなりの金額は必要ですね。
ここで注意が…
見栄を張って、予算を大目に言わないこと!!
余計なところで、メチャメチャお金がかかるんです。
特に、こだわりを持ってやるという結婚式だと、このこだわりがお金に変わります(笑)
50万~100万は、余分にかかると思ったほうが良いです。
あと、一生に一度の事だから!!っていう気分になって、お金がどんどん亡くなっていきます…(笑
なんていうか、この一生に一度病って言うのが恐ろしいです。
一生に一度なんだって気分になると、10万円が、それこそ千円ぐらいの気分になってきます。
この言葉に騙されてはいけません。ちなみに、大体騙されるのは、男の方なので注意。
女性は、なんだかんだ言ってもソロバンを弾きます。
男は、この言葉が出てくると、仕方が無いかぁって気分になります。
こういう場面は女性に任せたほうが無難です。
で、女性が望んだ場合のみ、決行しましょう。その場合は多分大丈夫です。

場所は、交通の便がいい所が良いと思います。両親によっては、これが決定打になる場合があるので注意。

結婚式のスタイルは、なんと言っても彼女に決めてもらったほうが、今後の生活に支障をきたしません。(本気)
ここで、自分の両親とぶつかる可能性が大です。
大体、教会式と神前式で<もめるのが多いんですが、必ず彼女に合わせる事!!
両親には「彼女の長年の夢だったから、叶えさせてあげて」と言えば、大体はOkでしょう。
ただ、厄介なのは自分の母親です。
息子の嫁には、こういう事をしてあげたいという気持ちが大きいです。
特に、娘を持たない母親は、この気持ちが強い!!
しかも、自分の結婚式に不満があった場合は、更に強くなります。
その気持ちは、お金でお願いしますっと言いたい所なんですが、そうストレートにもいえません。
でもって、この時の力関係は、自分の母親(姑)>彼女です。これは、100%そう。
まだ、彼女には、姑に対抗するパワーは付いていません(笑)
だから、姑に色々言われると、そうしなきゃいけないかなぁという気持ちになりますが、その不満はすべて自分に向けられます。これが厄介なのですが…。
最初は小さいものが、結婚式が近づくにつれて大きくなっていき、爆発します(笑)
ここは頑張って、自分の母親を操縦しましょう。
で、ここでも注意なんですが、すべて彼女の意見を聞くと、母親は拗ねます。
これもまた、厄介です。しかも、歳をとっているだけに、拗ね方も巧妙です。
また、訳のわからない拗ね方もします。
まぁ、それが息子をとられてしまう、母親の寂しさってもんだと思います。
今のところ、どんなに物分りの良い母親でも、一回は訳のわからない拗ね方をします。
なので、その辺は彼女と話しあって、ちょっとした事とか、とるに足らないこと、特にこだわりの無いところは、母親の意見を取り入れるようにしましょう。
で、大げさに「ここはお母さんの意見を聞いてよかった。このお陰が、ちょっとしたポイントになった」といっとけば、母親も満足するはずです。

人数は、考えているよりもちょっと大目の人数の方が良いと思います。自分が考えているよりも、多くの訳のわからない親戚がいたりして、びっくりします。その対応のため。

あとは、彼女のこだわりですね。
料理にこだわりたい。結婚式にこだわりたい。披露宴にこだわりたい。ガーデニングガーデンウェディングをしたい。海外で式を挙げたい等など…
最後に書きましたが、これが一番重要です。
少なからず、女性は結婚式に憧れがあるはずで…
自分が結婚式をあげるなら、こういう風にしたいっていうのがあると思います。
もう、ここは、すべて女性の意見でいいと思います。
稀に、男にもこういう人がいますが、断言しますが、結婚式は、彼女の為のものです。
男は、「あぁ、これだけやったら、もう後戻りできないなぁ」と覚悟を決める為の式なんです(笑)
もう、グダグタ言わず、任せること。
だけども、自分もそうしたかったという事にすること。
これは、説明すると難しいんですが、女性が、自分の言うとおりにしたいんだけど、結婚式は一緒に作るものって言う欲求を満たすためです(笑)
複雑ですね。でも、そうなんです。
難しいですが、それが夫婦生活の第一歩と思って諦めましょう。
大体、こんなので複雑とか難しいとか言っていたら、これからの生活はやっていけません。
そのための第一の試練とおもって修行してください。
[PR]



by ormoa | 2005-09-25 10:36 | 結婚するに際して

色々とありました。
by とり
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ブログパーツ

最新のトラックバック

笆
from Cafeterasu A180
とってもくさそうなんだけ..
from La torre。
チャンプを決めるという重..
from こんなときどうしたらいい?~..
「トラバでボケましょう ..
from 極秘計画資料室 [Jemin..
方程式でクイズを解こう
from ごはんにっき
私の腹は真っ黒け
from ぽよよん備忘録
腹黒度チェック
from 楽しい生活おくります♪
カナダ旅行の情報
from カナダ旅行
グローブトロッター 特集!
from グローブトロッター 特集!
夏休みの宿題
from ごはんにっき

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧